【が〜ん】高値で落札された愛車と最後のドライブ→衝突事故を起こしてしまい売れない状態に

カルチャー

貴重な愛車が変わり果てた姿に・・・

1998年にホンダが生み出した、史上最高の名車と言われている「インテグラ タイプR」。現在でも根強い人気を誇り、オークションや中古市場において高額で取引されている。

先日に、とあるアメリカ在住のオーナーがオークションに出品し、約560万円(51000ドル)で落札されたという。

ところが、その矢先にこのような有様となってしまったそうだ。

グシャグシャにつぶれたフロントは、見るも無残。目を覆いたくなるほどの大惨事である。

このような姿となってしまったのは、なんと落札された直後のことだった。車は5月25日に落札されたそうだが、その後、オーナーがインテグラとの最後の旅を楽しもうと街へ繰り出したという。

出品時の画像(参照元:The driveの記事で確認可能)は新品同様の美しさを保っており、オーナーがどれだけ大切に乗っていたかが伝わってくる。

ところが26日の早朝、インスタグラムアカウント「vistecrimports」に、グシャグシャになった状態で掲載されてしまった。

事故がいつ起こったのかについては明かされていないものの、オーナーは無事だった模様。しかし、インテグラはとても売り物にはならない姿となってしまった。

ちなみに、オークションのシステム上、まだ落札者からの振込はされていなかったとのこと。入札手数料だけかかったそうだが、その費用も返金されたと報告されている。

落札者であるユーザー「swind74」さんは、今回の事故にかなりの失望をしている模様。車専門サイト「The drive」に掲載されているインタビューでは、「高校生の頃最初に乗った車だったから、また運転できるのが待ち切れなかったのに」「車を走らせ破壊してしまったので、誰も手に入れられなくなった」と悲しみを滲ませていた。

幸いにもインテグラの損傷は中程度のものだったそうで、修理可能だったそう。元に戻った後は再び出品されるだろうと予想されている。

 

参照元:The driveInstagram

あなたにおすすめ