【珍ランプ】片手で皮をむいて点灯させるランプが完全に”アレ”すぎて話題に!!

アイテム

皮を剥くと先っちょが光る!?

ネット上には様々なアイデア商品が存在するが、今回紹介するものは超露骨。下ネタが苦手な人は注意である。

その商品というのがこちら。

先っちょが皮をかぶっている。う〜む、このモチーフは一体なんなんでしょうね・・・?

こちらの商品の名前は、「Love in Light」というもので、アメリカのアーティスト「モンスビー」が販売している商品である。

使い方は至って簡単。手でシートを下に押し下げることで、先端についている電球が光るという構造だ。片手で剥いて明かりを点けることができるなんて超便利である。

このオゲレツすぎる商品は、ツイッターユーザーの「@tyler_posting」さんが注目し「悪夢のようなランプだ」というキャンプションとともに拡散。

コメント欄には、「この地獄のサイト(ツイッター)を一晩離れる理由ができたぜ。ありがとう」「コンセプトは賢いのに、それを実現した方法で台無しになってる・・・」といったドン引きする声が寄せられていた。中には、「なんか思い出させるような見た目だけど、なんだったっけ・・・思い出せないや」とトボケる声も。

ちなみにお値段は、なんと52万円(£3,500)。あまりにも高額でびっくりするが、世界に50本しか製造してない限定品だそうで、その価格にも納得がいくだろう。

2年前から開発が始まり、当初は”ランペニス”や”ファランプ”といった直球な名前もつけていたそうだが、最終的には愛をモチーフにしたマイルドな表現になったようだ。

このランプを部屋に置きたいお金持ちの方は、暗号通貨での取引も承っているそうなので、商品の詳細をチェックしてみて欲しい!

 

参照元:TwitterLadbibleMonsby.com

あなたにおすすめ