【衝撃】25歳モデルが中国の会社にアイデンティティを盗まれセックスドールを作られていたと主張!

カルチャー

無断で自身のセックスドールを作られた

今月、米情報番組『This Morning』に出演したイスラエル人モデル、ヤエル・コーエン・アイリスさん(25)が衝撃の告白をしたことが話題となっている。

それは、中国のある会社によって自身のアイデンティティを盗まれ、そこで自分そっくりのセックスドールを作られてしまったというのだ。

自分に魅力を感じてもらえたことは光栄

ほくろの位置など顔の細部にまでこだわり、ヤエルさんそっくりのその人形は、同じ名前をつけられているうえにヤエルさんのインスタグラムアカウントに投稿している動画を用いて宣伝されているという。

番組司会者らの「あなたの盗まれたアイデンティティでセックスドールを作られていますがこれについてどう思われますか?」という質問に対し、ヤエルさんはこの会社や業界に対してはなんの問題もないと話す。ただ、無断で自身の肖像が使用されたことに関しては納得がいかないという。

要は、ヤエルさんの同意のもとで、実在するモデルを模倣して作られたセックスドールとして販売されるのであれば問題ない、ということのようだ。

少なくともヤエルさんの存在が誰かの目に止まり、彼女そっくりの人形が作られたということに悪い気はしていないようで、数多くいるイスラエルの女の子のなかから魅力を感じてもらえたことは光栄だとも話している。

参照元:LadbibleInstagram

あなたにおすすめ