【ついに!】空飛ぶ車「AirCar」がスロバキアで認可を受ける!ただし、運転にはパイロットライセンスが必要だ。

テクノロジー

     

ついに未来がやってきた!

空飛ぶ車がスロバキアで公式認可される

1月24日、陸空両用車「AirCar(エアカー)」がスロバキアの運輸当局から耐空証明を取得したと発表され世界中の話題を呼んだ。
開発したのは、同国のスタートアップ企業クライン・ビジョン社だ。

同社は早速Youtubeにその飛行の様子を公開している。ご覧いただきたい!

この「AirCar」は70時間の“厳格な飛行試験”を完了、スロバキア運輸局から公式の耐空証明を授与されたとのこと。
同社は24日のプレスリリースで、200回以上の離陸と着陸を含むテスト飛行は欧州航空安全機関(EASA)の基準に適合していると発表し、以下のように述べている。
「挑戦的な飛行試験には、あらゆる範囲の飛行と性能操作が含まれ、航空機モードでの驚くべき静的および動的安定性が実証されました」

同社は「AirCar」を12か月以内に市販することを望んでいるそうだ。

ほぼ最終形か?しかし運転には・・

edamame.でも以前から、もうすぐ実用化される空飛ぶクルマ2選!や、ロールスロイスが開発する空飛ぶタクシーなど、たびたび空飛ぶ車のご紹介をしてきた。
今回の「AirCar」はかなり最終形に近いのではないだろうか?

その飛行の様子は我々が過去からイメージしてきたもの、そのものだ。翼を閉じて車に変身するギミックも凄くカッコイイ(動画の1分6秒くらいから)。

ただし、クラインビジョンのスポークスマンは、この車を操縦するにはパイロットライセンスが必要だと述べている。
そう、自動車の運転免許だけでは操縦不可なのである。

まだまだ、未来を手に入れることができるのは限られた人間だけのようだ。

参照元:CNNYoutubeklein-vision

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧