【まさかここに!?】10年前に紛失したiphoneが驚くような場所で発見される!

ミステリー

     

10年前に紛失したiphone

今から約10年前、2012年のハロウィンの夜にiphoneを紛失してしまったのは米メリーランド州在住のベッキー・ベックマンさん。パーティーや盗難に遭うような場所には出かけておらず、一体どこで失くしてしまったのか困惑していたようだ。

どうすることもできず新しいiphoneを購入して使っていたというが、このほど忽然と消えてしまったそのiphoneが発見されたという。

10年もの間、一体どこにあったのだろうか。

それは、ベッキーさん宅のトイレの中から見つかったというのだから驚きだ。

自宅のトイレに詰まっていた

実は、ベッキーさん宅のトイレは水を流すと大きな音がなり、その原因はトイレの老朽化もしくは家の建築構造にあると思いこんでいたという。だが、この音に絶えられなくなったベッキーさんの夫が、トイレのつまりを掃除するためにプランジャーを押し込んだところ、このiphoneの発見に至ったというのだ。

そう、10年前にベッキーさんはトイレにiphoneを落としてしまい、その詰まりが原因で大きな音をたてていたのだ。

まさかトイレにiphoneを落としていたなんて夢にも思わなかっただろう。ベッキーさんがこの一連の出来事をFacebookに投稿すると、「うちなんてお尻ふきを一枚流しても詰まるわよ」「10年間も詰まっていたなんて本当なの!?」「スクリーン画面がキレイすぎてびっくりする」などと多くの反響が寄せられたようだ。

10年ぶりに再会を果たせたというわけだが、たとえこのiphoneが壊れていなかったとしても、再び使用するのはなかなか勇気がいることだろう。  

参照元:Twitternews.com.au

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧