スプリント競争に出場し3位に終わった6歳の女の子。彼女が最終的に観客から大喝采を受けた理由とは?

おもしろ

     

イングランド・ノッティンガム出身のイーディ・キャンベル・ゴダードちゃん(6歳)は、8月にスコットランドのアーガイル・アンド・ビュートで開催された陸上競技イベントで子供対象の”10mスプリント”に出場していた。彼女は競技では3位に終わったが、その後起こった事柄により観客から大喝采を受けた。
その様子は可愛くも感動的。少々長めの映像だが、ぜひ最後までご覧頂きたい。

イーディちゃんの10mスプリント結果は3位。まずまずの結果である。しかし彼女は10mのゴールに達しても止まらず、その後も走り続けようと決心したようだ。
2位の白い服の女の子にゴール直前で刺されたのが悔しかったのだろうか。イーディちゃんはぐんぐんとスピードを上げていく。
そして白い服の女の子も彼女を追って走る。まるで二人で鬼ごっこをしているようだ。しかし見事にトラックのレーンをトレースし、二人はコーナーを駆け抜けてゆく。

外側の直線部分にまで達すると、観客達もその様子に気が付き始めているようだ。

”400メートル走ってるよ!”、”あのおチビちゃんたち一周するつもりだ!!”

しかし制止しようとする人など一人もいない。のどかに鳴り響くバグパイプの音に後押しされて、二人は最終コーナーを回る。イーディちゃんが最後の直線でラストスパートをかけると会場は拍手喝采。
今度こそイーディちゃんがトップでゴールを切ると、お父さんお母さんは彼女に賞品を手渡し、抱き上げ勝利のポーズを決めた!

イーディちゃんの母親、ドーンさんは地元紙の取材に答えて、

”人々が娘の決意と精神を見ることができて良かったと思ってる。”

”私は彼女をとても誇りに思っています、このトラックを走り抜いたことは彼女に自信を与えたと思うわ。このレースの後、誰もが娘を『スピーディー・イーディ』と呼ぶのよ!”

と彼女の行動と気高い精神を絶賛している。
たしかに、イーディちゃんがトラックを走る様子はまるで映画冒頭のワンシーンかのようであった。彼女が誇り高い女性として健やかに成長しますように!

参照元:DailyMail

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧