【注意喚起】昼寝中の飼い主の口の中に愛犬が下痢→胃腸の感染症で入院する事態に!

健康

     

このほど、イギリス西部の港湾都市ブリストル在住の女性アマンダ・ゴンモさん(51)の身に起きたある出来事が話題となっている。愛犬家のみなさんには特に気にかけていただきたい事案だ。

愛犬の排泄物が口の中へ

ある日の昼下がり、アマンダさんはいつものように愛犬チワワの”ベル”と一緒に昼寝をしていたという。口を開けてぐっすり眠っていたアマンダさんは、突然何かが口の中に噴射するのを感じ、急いでバスルームへ走った。

しかし、タイミング悪く息子さんがシャワーを浴びていたため、アマンダさんは自分の顔を自撮りしてみたという。するとそこには、ベルの排泄物が垂れ流れていたのだ。

その排泄物の状況からベルが下痢をしているとわかったため、アマンダさんの娘はベルを獣医のもとへ連れていった。そして、ベルは胃腸炎だと診断され抗生物質を処方されたという。

だが、この話はこれで終わりではなかった。

胃の感染症にかかり3日間入院する事態に

その夜、アマンダさんにもまたベルと同じような下痢の症状が見られ胃がけいれんを起こすほどになっていたという。駆けつけた救急隊員らは鎮痛剤を処方し、胃を洗い流すためにたくさんの水を飲むことをすすめたというが、それから48時間後にはアマンダさんの胃のけいれんは全身へと広がっていた。

そして、病院へと緊急搬送されたアマンダさんは、ベルの排泄物が口の中から入ったことが原因で胃腸の感染症を引き起こしていると医師によって診断されたそうだ。アマンダさんは電解質とブドウ糖で水分補給が必要との判断から、病院で3日間観察下に置かれることとなった。

クローン病を患っているアマンダさんは「けいれんは体全体から足のほうまで広がりました。2回目に救急隊員が駆けつけたとき、私は病気と下痢のせいで脱水症状に陥っており腎臓は半分のサイズに収縮していたそうです。点滴で細菌が綺麗に流れ落ちるまで3日間の入院を余儀なくされました。ベルのことはもちろん今も愛していますよ。ただどんな体勢で寝るのかもうちょっと気をつけます。」と話しているが、まさか愛犬の排泄物が原因で自身が感染症を引き起こすとは驚いたことだろう。

もちろん、アマンダさんを担当した医師もこのような事例は初めてのことだったというが、みなさんくれぐれも口を開けて寝ないように気をつけたいものですね。

参照元:TwitterLadbible

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧