【因果応報】列車の窓から手を入れスマホを盗もうとしたらとんでもない状況になってしまう!

事件

     

窓にぶら下がった状態で列車が15キロ走行

このほど、インドにあるサヘブプール・カマル駅で、列車の窓から手を入れて車内に置いてあったスマホを盗もうとした男に起きた悲劇が話題となっている。

一体何が起きたのか、ご覧いただこう。

男はスマホを盗もうとしたが、すぐに車内にいた乗客らに見つかってしまった。そして、両腕を掴まれたその状態で列車が動き出してしまったのである。

乗客らにはいつ腕を離されてもおかしくない。男は自らの口で柵を噛んで振り落とされないよう必死だ。そして、なんとこの状況で列車は15キロ走り、次の駅で男は鉄道警察に引き渡されたという。

動画には男に対する同情の声はほとんどなく、まさに因果応報という出来事だが、こんな状況においても列車が走り続けたことに恐怖を感じてしまう人は多いはずだ。

参照元:YouTubeThe Times of India

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧