【えっ?】NBAの試合でこの行動がまさかのテクニカルファウルに!審判に批判殺到!

カルチャー

     

これがテクニカルファウル?選手も唖然…

11月14日、米プロバスケットボール(NBA)でボストン・セルティックス対オクラホマシティ・サンダー戦が繰り広げられていたが、その第2クォーター途中での出来事が物議を醸している。

セルティックスのジェイソン・テイタム選手がディフェンスの場面でファウルをとられ、悔しそうに天を仰いで両手をパンと鳴らした。しかし、その瞬間、審判は再び笛を吹き、テイタム選手はテクニカルファウルをとられてしまったのだ。

テクニカルファウルとは、審判や相手チームに暴言を吐いたり、無作法な態度を取るなど身体接触のない悪質な行為のことを指すのだが、両手をパンと叩いたテイタム選手のこの行動が審判への威嚇だととらえられてしまったのだろうか。

当然ながらテイタム選手は納得のいかない表情をみせるが、この判定が覆ることはなかった。

審判の判定に批判殺到

だが、その後『Sports Center』などが公式SNSで動画を公開したことで「審判に罰金を」「こんなソフトなテクニカルファウルみたことない」「これはひどい」「え、手を叩いたことが?」などと、審判に批判の声が殺到することとなったという。

また、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラント選手も「長年NBAをみてきたけどテイタムがもらったテクニカルファウルは最悪すぎて笑っちゃったよ」などとSNSに投稿している。

そんなハプニングに見舞われてしまったテイタム選手だが、この試合でチーム最多の27点を決め、セルティックスが126-122で勝利したそうだ。

参照元:Twitter

あなたにおすすめ