【戦慄】地名に入っていたらヤバすぎる漢字9選!過去に自然災害の歴史があるかも、、

自然

世界で最も災害の多い国、日本。かつて我々の先祖たちは、災害の恐ろしさを地名に託し、後世に伝えようとしていた。

地名にあると危険な注意すべき漢字9選!

以前、難解な駅名について紹介したが、同様に地名にも難解なものが多い。難解だけならまだしも、地名には様々な先人の思いが託されていたりもするのだ。

今回は、地名に入っていると危険と言われる漢字9つを紹介しよう。

1、龍・竜(リュウ)

水神の龍がのたうちまわるような、激しい豪雨や津波など多様な災害に襲われやすい場所を意味する。

由来を聞くと、文字通り激しい災害が起きたことを思わずにはいられない地名である。

代表例は福井県の九頭竜(くずりゅう)川。九つの頭を持つ竜が暴れたように見えたのだろうか、、

2、鮎(アユ)

「揺く(あゆく)」に由来する。軟弱な地盤の土地を意味しており、平地では地震災害が発生しやすい。

代表例は鮎川。昭和56年8月23日に土石流災害が起こっている。

3、蛇(ジャ)

蛇崩や蛇抜は土砂が流れていく様を示す。

長野、岐阜、富山、長崎など各地にあり、水害の歴史と深く結びついている。わが国において蛇は、昔から「天から水を運ぶ神の使い」の象徴とされている。

2014年の8月に広島で起こった土砂災害で最も大きな被害を出した「八木」は元々「八木蛇落地悪谷」と呼ばれていた。

4、女(オナ)

荒々しい波を意味する「男浪」に由来する。過去に津波の被害を受けた土地である恐れがある。

代表例は女川や小名浜。宮城県牡鹿郡女川町では東日本大震災により被害を受けている。

5、亀(カメ)

水などが土や岩をえぐる意味の「嚙マ(カマ)」に由来する。侵食されて陥没している地形を意味する。

のんびりとした生き物のカメを想像しがちだが、過去にはそのイメージと相反する災害が起こっていた可能性がある。

代表例は亀有、亀戸。荒川と隅田川に囲まれた亀戸は、海抜が低い地域であり、水害の危険性が非常に高い地域といわれている。

6、駒(コマ)

「転(コロ)」と「間」を組み合わせた用語。輪状に川に囲まれた土地で、洪水発生地帯を意味する。

代表例は駒込、駒場。駒込(東京都豊島区)は、地盤の弱い谷底低地であり地盤が弱い。

7、椿(ツバキ)

「刈り取る」という意味の「戯ゆ(つば)」に由来する。土地が侵食された崖地や崩壊地形を意味する。

こちらの地名は、美しい花をイメージしてしまうが由来となっている言葉は恐ろしすぎる。

8、梅(ウメ)

「埋」に由来する。土砂崩れにより砂が堆積した土地の可能性あり。人工的な埋立地の意味もある。

大阪の梅田がよく代表される。江戸時代に湿地を埋めたてて田畑としたことから埋田という地名から由来する。埋立地の地盤は、決して良いものではないというのが通説である。

9、柿

「掻く」や「欠く」に由来する。崩れやすい崖や決壊堤防による氾濫常襲地・津波常襲地を意味する。

代表例は柿の木坂。

先人からの警告の風化

日本には、長い歴史の中で、何度も自然災害に遭っている土地が存在する。

そういった場所には先人が災害を示唆する地名をつけていることが多いのである。つまり地名を知れば、災害を予見することもできるのだ。

「聞こえの悪い地名は変えてしまえ!」

しかし、最近では新興住宅の開発が進み上記で紹介したような危ない地名を隠そうとする動きが全国で散見されている。

「~が丘」や「~台」、もしくは「希望」や「光」のような不自然に明るい単語を使った地名は、古い地名ではない可能性が高いので要注意だ。

実は、新地名が一つ誕生すると、少なくとも数個の旧地名が抹消されることは往々にして起こっている。そうなるとその土地に根付く伝承、それこそ災害の歴史も人々から忘れ去られていく結果になっているのである。

旧地名の調べ方

主な調べ方の二つがこれだ。

・区役所、市町村役場で調べる。
・図書館や資料室で旧地名の由来を調べる。

この他にも、インターネット上では様々な検索サービスが存在するのでそちらを利用するのもいいだろう。実際その地に赴き、古くから住む人に聞くことも有効かもしれない。

意識をしていれば、危険な地域に住むことを避けるのは難しくなさそうだ。

しかし、逆に安全な場所を見つけるにはどうすれば良いのだろうか?

安全な地域とは?

東日本大震災の津波の際、古い神社ほど津波被害を受けていないという。それらの神社は、1000年以上前の津波被害を生き抜いた、もしくは受けない場所へと移転されたものであった。

おそらく日本は幾度となく震災を経験してきた。その度、復興する際に安全な場所を見極め神社を建立していると考えられる。こうして長い間、無言ながらも先人から我々に、警告は発せられていたのである。

安全な地域を見極める際、古くから存在する神社が目安になることはもちろんのこと、そのもっと昔から存在する古墳の有無なども重要になるという。

こういった歴史は、人類そして地球が蓄積してきた記憶といっても過言ではないだろう。しかし我々はこういった記憶に関心を寄せることなく、業者が声高に謳う売り文句に耳を傾ける節があるのではないだろうか。

地名の由来に関心を持ち、調べることは、地域の歴史、過去の災害に向き合い、災害対策の優先順位を考える大きなヒントになるだろう。

こうした行動が自分の身だけでなく、家族の命を守る結果に繋がるのかもしれない。

参照元:『この地名が危ない 大地震・大津波があなたの町を襲う』(楠原祐介著)、災害写真データベースpinterest

コメント

  1. . 匿名さん (返信)

    いいまとめ。エダマメさん気に入ったぜ!

  2. . 津波太郎さん (返信)

    女川の由来は津波関係なし
    川に由来

  3. . ぴょんこさん (返信)

    http://zatsuneta.com/archives/000867.html

    駒込は本郷大地で低地でも無い。地図見て確認してから書いた方が良いと思います・・

  4. . たんたんさん (返信)

    九頭竜川は、元来「崩(くず)れ川」を改めそうです。

  5. . 匿名さん (返信)

    富岡市 南蛇井

    何と読む地名でしょうか?

    なんだい? それ?

    正解! なんじゃい です!

    という笑い会話があります。

    日本で2番目に高いと言われている
    上信電鉄の終点一つ前に 南蛇井駅が
    あります。

  6. . ねこちゃんさん (返信)

    >>3 その通り。特に山手線内側は六義園もあり、昔からお金持ち(丘の上に住む)なお家が沢山あります。

  7. . SAKUNOSUKEさん (返信)

    竜ケ崎って、そんなにやばい地名だったんですか?

  8. . 匿名さん (返信)

    >2014年の8月に広島で起こった土砂災害で最も大きな被害を出した「八木」は元々「八木蛇落地悪谷」と呼ばれていた。

    これはデマです。

  9. . 匿名さん (返信)

    八木蛇落地悪谷:やぎじゃらくあしだに
    読めないよ、ふりがな振ってね。
    全体に、こじ付け感の強いダメな記事だね。

  10. . 1ママさん (返信)

    以前から、地名は大事❗と移転先を決める従妹と話していました❗シッカリ後世に伝えたい、知っておくべき事実(*´・ω・`)bね❗シェアさせていただきました。

  11. . 匿名さん (返信)

    確かに目黒区の蛇崩はヤバい。
    あと世田谷区の駒沢も。

  12. . 匿名さん (返信)

    駒込も駅の南側など六義園の辺りは台地ですが谷戸川のある北側東側は谷ですね。田端から巣鴨に向かって高低差があります。

  13. . 匿名さん (返信)

    地名が付けられた時代はそうだったかもしれないが
    現在は治水や地盤の対策されてるとこがほとんどでしょ?
    現地見て書いてるの?
    まったくもってクソ提灯記事のクソライター。

  14. . 匿名さん (返信)

    まあ、「古い神社仏閣があるところは自然災害が少ない」ということだけは事実でしょうな。

  15. . 匿名さん (返信)

    えらい叩かれようだな。
    誠実な取材の後編集の結果がこれなら可哀想だな。
    駒沢だって全て低地じゃないけど、文字数あるから、原稿は。

  16. . 匿名さん (返信)

    鹿児島の竜ヶ水とか、1993年の豪雨でヤバかったね。

  17. . 匿名さん (返信)

    偽りの中に少しの真実を混ぜて伝え、歴史を捏造する。

    あれ、どこかの国の話で聞いたような…。

  18. . 匿名さん (返信)

    武士が住む城下町だったところは安全らしい。
    地盤がしっかりしていて見晴らしのよい城の周りにできた一角だから。
    その反対にいわゆる部落は危ない。
    人が住むに適さない川のそばや沼地・崖の下を部落にしたのだから。

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ライター紹介ライター一覧

イギ-くん

炭水化物が苦手です。映画と音楽と牛乳と紅茶とetc...が心の支えです。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!