個室ラーメン店「一蘭」がNY進出!アメリカ人がおひとりさま文化を初体験!

カルチャー

おひとりさまラーメン店『一蘭』がNY進出!

media-ramen3

『一蘭』というラーメン店をご存知だろうか。他の客とは決して相席にならない個室スタイル、注文する時もオーダーシートに書き込むだけなので客はおろか店のスタッフと関わることもない。いわゆる「おひとりさま」向けのラーメン店なのだ。

そんなおひとりさまラーメン店『Ichiran』が先月ニューヨークのブルックリンにオープンしたのである。海外支店は香港に次ぎ2店舗目となる。

『一蘭』ってこんなラーメン屋なんです!

media-ramen2

2016年11月現在、日本全国62店舗そして海外2店舗(香港、NY)を含む計64店舗を展開する有名チェーン店である。1960年福岡に「豚骨ラーメン」を人気商品に第1号店を開店したのがはじまりだ。「お店に来てくれたお客さんが食べることに集中できるように」というコンセプトをもとに他との必要以上の関わりを遮断できるように1人席を作ることになったのである。

また1人で外食をすることに抵抗がある人たちに少しでも気楽な気持ちで食べに来てもらえるように、という狙いもあった。

2016年10月26日NYの『Ichiran』開店日には200人の行列が!

media-ramen5

開店当日、店の前には200人もの行列ができた。数時間運転してかけつけた人や仕事を休んで並ぶ人たちもいたという。

『Ichiran』は顧客が必要以上の他人とのやりとりを避けるためにマニュアルを設定している。まずアメリカでは一般的なホストと呼ばれる座席への案内係が存在しないという点だ。客は店内に入ると自分で歩いてブースを選ぶことができるようになっている。

media-ramen4

そして各ブースにはボタンがあり水が必要な場合はそのボタンを押すことで水を提供してもらえる。またブースに座ると目の前にメニューが書かれている。そして12種類近くある異なるメニューのなかから自分の好みにあった完璧なラーメンを注文することができるのだ。

media-ramen1

大都市NYで一息つきたいときは『Ichiran』へ

こちらがオーダー用紙。ラーメンは18.9ドル、ソフトドリンクは4.9ドルとかなり高額だ。しかしこの個室空間を占領できることを考えると場所代ととるのも物は考えようだ。

media-ramen6

近年の日本ではソロ・ダイニング(1人の食卓)と呼ばれる「おひとりさま」はそう珍しいことではないだろう。しかしおひとりさま文化に馴染みのないアメリカ人にとって、たった1人の空間で誰とも関わることなく食事をするという体験はまさに興味深いものなのだという。特にNYのような大都市では日々の騒音や人混みから解放されてほんのひと時、1人での時間を確保したいと思う人が多いのではないだろうか。『Ichiran』はNYのそんな人々の需要にまさにピッタリと当てはまるのである。

参考元:EATERMashable

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧