【デリヘル】男性教諭が4時間コース終了後、支払った26万を強奪して逃走する事件が発生!

事件

教師、デリヘル嬢を殴る

ここ最近、教師やコーチなどによる生徒への体罰が問題になっている。

モノを教える立場の人間が、暴力をふるってどうすると思ってしまうのは私(おまつ)だけではないだろう。

体罰に関しては、いろいろな立場から意見がでて議論になっている。

そしてまた、教師による暴力事件を朝日新聞が報じた。

しかし今回、教師が暴力をふるった相手は生徒ではなく、デリヘル嬢だったのだ!!

なにぃ!?デリヘル嬢だとっ!!!

一体どういうことなのか見ていくことにしよう。

プロ意識とは・・・

deriheru

※写真はイメージです

4月16日、東京の都立高校の男性教諭(52)が都内のホテルに派遣型風俗嬢、いわゆるデリバリーヘルスの女性を呼びサービスを受けた。

男性教諭は、240分6万5千円のコースを指定したという。4時間コース・・・うむ。

また、部屋に来た女性にコース料金6万5千円にさらに上乗せした10万円を手渡し「いいサービスをして」と告げたとされる。

さらに時間の延長を行い、その女性に対して小遣いなども渡したらしい。

総額26万円・・・・

とんでもねぇ金額じゃねぇかっ!

しかし、男性教諭はその女性の態度に腹を立て、顔を殴るなどの暴行を加えたうえ、支払った現金の入ったバックを奪ったということだ。

調べに対しその男性教諭は容疑を認め、「プロ意識の低さに腹が立った」っと言っているそうだ。

プロ意識とは・・・

しかし、サービスを延長しておきながら、相手の態度に腹を立てるというのは一体どういった状況なのか・・・わからん。

密室に2人きりの状態で暴力を受けた女性はさぞ恐ろしかったことだろう。

この男性教諭には、相手のプロ意識云々の前に、自身の行いを見直してほしいと思う筆者であった。

参照元:朝日新聞デジタル

この記事を読んだ人に読まれている記事↓

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

あなたにオススメの記事↓

ライター紹介ライター一覧

おまつ

夢見るころをすぎてしまったアラフォー男子(髪の毛に難あり)fromサウス大阪。ちかごろもっぱらアウトドア派。好きな食べ物は酢飯。

この人が書いた記事記事一覧