【1箱1300円】フランスでタバコを値上げする方針が発表される!

健康

逆風にあえぐ喫煙者

喫煙に関して世間からの反応は向かい風だ。

「マナー」や「健康」と題され、多種多様のマイナスな言葉と共に話題になるタバコ。

喫煙者というだけで、冷たい目で見られたりもする昨今。それに追い討ちをかけるかのようにタバコの値上げが実施されるのである。

フランスで値上げ発表!

この度フランス政府は、3年以内にタバコ1箱を今より4割高い値段、約1300円(10ユーロ)にまで段階的に値上げする方針を明らかにした。

同国では、喫煙率が20年間減少せず、タバコ関連による死者が毎年8万人に達しているという。

先進国で同様の動きは相次いでおり、オーストラリアは2020年までに現在より5~7割高い約3550円(40豪ドル)まで上げる大胆な値上げを目指していると報じられている。

日本でも9月にタバコ値上げか?

日本では、タバコ販売大手のフィリップモリスジャパンが「マールボロ」など主力30銘柄の値上げを申請している。

承認されれば9月1日から、10円が値上げされる予定だ。

世界的な流れからすると、日本のタバコの値段はまだまだ高くなっていきそうだ。

しかし筆者(現在、禁煙4日目)から一言申したい。

タバコは最高の嗜好品。否、恋人のようなものだ。(だから少しの距離を置いてるだけですごく辛い。)

もし1本が1000円になったとしても、タバコにはその値段に見合うだけの価値がある。

愛煙家のみなさん。もし値段が気になりだしたら、、

いつものタバコは置いて、手巻きタバコに浮気しようではないか!

参照元:日本経済新聞

この記事を読んだ人に読まれている記事↓

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

あなたにオススメの記事↓

ライター紹介ライター一覧

イギ-くん

大阪生まれ大阪育ち。自称マルチプレーヤー。強すぎる好奇心が作ったカサブタは数知れず。音楽と映画をこよなく愛する、炭水化物が苦手系男子。

この人が書いた記事記事一覧