電気を流して美しい紋様が焼き付けられる木製家具がアートすぎる

アート

絶縁破壊によって生まれるリヒテンベルク図形

この美しい樹形状の紋様が焼き付けられたカッティングボード、めっちゃアートである。

この作品を作ったのは、木製家具職人のポール(Paul Lemiski)さん。カナダ、トロントからほど近いオンタリオ州アクトンで、椅子や机を中心に製作するカナディアン・ウッド・ワークス(canadianwoodworks)というお店を開いている。

この美しい樹形状の紋様を、どうやって作っているのだろうか。実はこの紋様、電気によって作られているのである。

木材の表面に高い電圧を流すことによって、木の絶縁体が壊れて(絶縁破壊)、通常であれば流れないはずの電圧が、木材の表面を焼くのである。そして生まれるのが、リヒテンベルク図形と呼ばれる、樹形状の紋様だ。

18世紀ドイツの科学者であった、ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルクが、高い電圧を絶縁体に通すことによって、この美しい樹形状の紋様ができることをはじめて記録したことから、この名前が付けられた。


絶縁崩壊が起き、徐々に紋様が焼き付けられているのが、お分かり頂けるとおもう。


徐々に広がっていく紋様が美しい。しかし、流れている電圧もハンパではないので、命がけの製作である。

美しいリヒテンベルク図形、何かに似ていると思わないだろうか?

canadian
木?たしかにそうも見える。ほかには?では逆さまにしてみよう。

canadian
そう。雷だ。実は、雷も絶縁崩壊が起こって見られる現象なのだ。


絶縁崩壊を利用して作られるポールさんの作品。まさか電気によって焼き付けられたとは思えない美しい紋様。アート作品と言ってしまいたくなるほどの木製家具である。

参照元:instagramcanadian-woodworks

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

まつやま

おいしいごはんを食べているときが、いちばんしあわせです。すきな食べものは酢飯。屋根の下より空の下にいるほうが落ち着く人(髪の毛に難あり)fromサウス大阪。

この人が書いた記事記事一覧