【悲壮】25年前の事件を風化させまいと警察がとった行動が斬新だが切なすぎる!

事件

     

25年前に行方不明になった14才の少女

1992年9月17日、アメリカのワシントン州にある人口4万人にも満たない都市ピュアラップで、14才の少女が行方不明になった。彼女の名前はミスティー・コプスィー。25年たった今なお有力な情報は得られておらず、捜査は難航している。

行方不明の少女がツイッターをはじめたのか!?

ミスティーが行方不明になり、先週でちょうど25年が経過した。時間が経つとこのような事件は世間から忘れ去られてしまい、風化してしまう傾向にある。そんななか、この事件に関する「あるツイート」に関心が集まっているのだ!

それがコチラだ!

私の名前はミスティー・コプスィー。行方不明であなたの助けが必要なの。

1978年に生まれたから、今年で39才になるわ。

成長してからはダンスや音楽、そして友達と過ごすことが好きだった。

25年間行方不明だったミスティーが、ここにきてツイートをはじめたというのか!?このツイートはまだまだ続く。

ママと住む前に少しだけパパと住んでたの。私が行方不明になるちょっと前のことよ。

ママが仕事に出かけたら親友のトリーナと内緒で友達をうちに呼んでたの。

お祭りを楽しみにしていたのに、ママが仕事で迎えに来れないからって行けなくなったの。

帰りはバスで帰るからって、トリーナと2人でママを説得してお祭りに行けることになった!

ママがお祭りまで連れていってくれて、お互いに『愛してる』って伝えたの。

それがママが私をみた最後よ。あの時『愛してる』って言えてよかった・・・。

帰りは20時45分のバスに乗らなきゃいけなかったのに見逃しちゃったの。

ママに電話して、次のバスに乗るから大丈夫って言ったけど大丈夫じゃなかった。

もうおわかりの人もいるだろう。もちろんこれらのツイートはミスティー本人が発信したものではない。事件の詳細を赤裸々に文字として残すことで、もう一度この事件を思い出してもらおうとピュアラップ警察が発信したものなのだ。

事件を風化させないための警察の画期的な方法

翌朝、ママが私の部屋をみたら、私の姿はなかったの。

ママはトリーナに電話したけど、トリーナは私と別れて徒歩で帰宅したんだって。

当時私が行方不明になったあとママが作ったチラシよ。

もしなにか知っていることがあればピュアラップ警察に電話してね。

この日、警察により55件にものぼるツイートが投稿された。家族や友人の協力のもと、昔の写真や状況も織り交ぜ、いまだ行方不明となっているミスティーからの切実な訴えを綴っている。

事件を風化させないために警察がとった画期的な方法であることには変わりないが、家族にとっては当時を思い出せば思い出すほど切なくなるだろう。いずれにせよ、このツイートをきっかけに有力な情報が得られることを願いたい。

参照元:Twitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧