【すげぇ!】鬼のようなハイトップアフロヘアーがギネス登録される!すご過ぎて画面に収まりきらないレベル!

カルチャー

スタイルを貫くかっこよすぎる男性

この度、ギネス世界記録にひとりの男性が名を刻んだ。


それが彼、ベニー・ハーレムさん。

モデルであり、シンガーソングライターである彼が、どういったことでギネス世界記録に名を刻んだのか?

彼の髪型を見れば一目瞭然かもしれないが、彼はもっとも高いハイトップフェードの持ち主としてギネス世界記録に名を刻んだのだ。

ハイトップフェードとは80年代から90年代初期に黒人男性を中心に流行し、さらに今、若者の間で人気が再燃している髪型のことだ。

ルーツを愛し、アフロを愛する男


ハーレムさんは、ハイトップフェードのほかに、アフロでいることも多い。

ただ、彼はかっこ良いからというだけで、このような髪型にしている訳ではない。

それは、アフロを先代から受け継いだ遺産と考え、自らのルーツを大切にする生きかたを、髪の毛で表現しているのだ。

アフリカ系をルーツにもつ場合、意識的にアフロにする人は多いが、彼もまたそのひとりなのだ。

そして、その考えを娘さんにも伝えているという。

娘のジャクシンちゃんも、立派なアフロだ。その表情も凛々しく感じる。

ギネス世界記録に名を刻むということは、簡単な事ではないだろう。

しかし、それ以上に、自らのルーツを愛し、それを髪の毛で表現する彼らは、どこまでもかっこいい。

インスタグラムには、メッセージ性を感じる写真が多数投稿されている。

インスタグラムでも約40万のフォロアーをもち、彼の生き方に共感する人も多い。

これからも、自らのルーツへの愛を、その髪の毛で表現していってほしいと思う。

参照元:instagram[1][2]guinnessworldrecords

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

まつやま

おいしいごはんを食べているときが、いちばんしあわせです。すきな食べものは酢飯。屋根の下より空の下にいるほうが落ち着く人(髪の毛に難あり)fromサウス大阪。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!