【夫婦愛】「妻に腎臓を下さい」と掲げ、毎日歩いた74歳の「サンドウィッチマン」が奇跡を起こす!

トレンド

この夏に、大スターであるアメリカの女優セレーナ・ゴメスが手術を受けた事もあり、注目を集めた腎臓移植

だが、ドナーを探すのは、決して容易ではない。

アメリカユタ州に住む、ウェイン・ウィンターズさん(74歳)の妻であるディアンさんも、腎臓を移植してくれるドナーを待つ患者のうちの一人だった。

毎日毎日歩き続け”サンドウィッチマン”と呼ばれた男

ディアンさんは腎臓がほとんど機能しない、ステージ5という末期の腎不全だった。

彼女は血液透析を受けているものの、ドナーがなかなか現れず腎臓移植を待ってすでに2年という月日が過ぎていた。

日に日に弱っていく愛する妻を、一番近くで見ているウェインさんは本当に辛かったそう。そして、26年間連れ添った妻に自分が出来る事を考えていたとき、インターネットであるアイデアを手にいれ、すぐに行動にでた。

なんと、そのアイデアとは、体の前後に看板を身に着け毎日車通りの多いところを歩く、と言うものだった!

それからというもの、彼は毎日スーツとハットを身にまとい、「Need Kidney 4 Wife(妻のために腎臓が必要です)・A-(妻の血液型)・675-0278(電話番号)」と書かれた看板を引っさげて歩いた。

こちらが実際の写真である。

車通りの激しい場所をピークタイムに歩く姿は、たちまち人々の心を動かし、白い看板に挟まれながら歩く姿には「サンドウィッチマン」という愛称がついた。

この活動を3週間続けた彼の電話には700~800件の励ましのメッセージが入ってきたという。

そして今月5日、ついに病院から「亡くなった方の中から、適合するドナーが見つかった」との知らせが舞い込んできたのだ!!!

ウェインさんは、「嬉しくて、頭が真っ白になった。これで妻と第2の人生を歩む事ができます。もうあと5年、一緒に楽しい思い出が作れるのなら思い残す事はありません。」と語っている。

腎臓移植の未来を変えるために歩き続ける

毎日歩き続けたウェインさん。妻のドナーも見つかったということで、歩く事を止めるかと思いきや、そうではないようだ。

毎日多くの人が腎臓移植を待ちながら亡くなっていくという現状を変えるために、サンドウィッチマンとして歩き続け、ドナーとなる人を増やしていきたいと言うのだ。

この素晴らしい行動を起こした74歳の”サンドウィッチマン”と、彼の持つ大きな愛情に、盛大なる拍手を送りたい。

参照元:Fox13Twitter

   
あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

村山ていな

小学校から大学まで家の近くに学校がない人生だったおかげで、特技は早起き。 「ゆでたまごの殻を剥く選手権」があったら、世界ランキング上位3%に入る自信あり。

この人が書いた記事記事一覧