【ファッ!?】13歳の少女が「妻子有りのおっさん」になりすまし野球ライターを8年間続けていたことが発覚!ネット界隈も騒然!

事件

13歳の少女が既婚男性と偽りプロの野球ライターに、、、!

アメリカから驚きのニュースが入り、各メディアで取り上げられているので紹介しよう。

これが、何とも込み入ったニュースなのだ。

これは、アメリカのスポーツ系メディアの「デッドスピン」が発表したものだ。


ツイッターの投稿には、

「十代の少女は、野球について書く為に既婚男性に8年間なりすまし、女性への嫌がらせをはたらいた。」

と書かれている。

いったいどういうことだ!?

事件の経緯はどーなっている?

少女の名は、ベッカ・シュルツ。彼女は13歳の時、野球の記事を書きたかった。ライターになりたかったのである。しかし、プロとしてやっていくには、大人の男性の方が良いと思い、既婚、子持ちの男性になりすました。

そして、ライアン・シュルツという男性の偽名を使い、野球の記事を書き始めた。メディアやブログに寄稿し、8年間も続いたのだ!

しかし、身分を偽っていたことが、ある事件をきっかけに発覚する。

ライアン・シュルツはツイッターで多くのフォロワーを獲得していた。そこでのやり取りで、女性蔑視にあたる発言をしたり、個人的なやり取りでヌード写真を送らせたりしたのだ。

そして、ある被害女性に素性を調べ上げられ、ライアン・シュルツという男性は、ベッカ・シュルツという21歳の女性だったことが発覚したのだ。

ベッカの話によると、何度もライターを止めようと思ったが、ツイッターのフォロワー数も増え、辞めるにやめられなくなったという。

不思議に思うのは、本気でやめようと思ったら、「すみません、もうライター辞めます」といえば止められそうだが、彼女がやめられなかったことに問題の深さを感じる。

ライアン・シュルツとのやり取りで、ハラスメントを受けたことのある女性の一人のエピソードによると、仲良くなり、電話をしたことがあったそうだ。その時、声がちょっと変だったが、兄も18歳くらいまで声変わりしなかったので、特に気にしなかったという。

その女性は、「今になって思うと、ベッカは私のことをだましているとか、そういう感じじゃなかった。」と語っている。

しかも、ベッカ名義のFacebookで友達申請してきたという。後で、またライアン・シュルツに電話すると、妹だと言われたそうだ。その時、女性は、友達申請は断ったそうだ。

ベッカ・シュルツは、ライアン・シュルツというペルソナを作り出し、そのライアンというアイデンティティがベッカの中で、大きく膨らんでいったのかもしれない。

そして、精神的に弱ってくると、ツイッターなどで女性へハラスメント行為を行ったという。ベッカは、彼女が考える男性的な振る舞いを常に意識していたというから、男性=女性蔑視という考えがあったのかもしれないし、世間の男性の多くがそういう振る舞いをしてしまっているということかもしれない。

突飛なニュースだと思ったのが、蓋を開けてみると、随分重たいニュースであった。

デッドスピンの記者は、被害女性に詳しく話をきいているので、興味のある方は、記事下部のリンクから読んでみてほしい。

その後、ベッカ・シュルツは、被害女性に謝罪を表明し、ライアン・シュルツのツイッター・アカウントを削除した。

特異な事件にネット界も騒然

以下、ネットの声であるが、

「小説家や脚本家にもなれるのでは?」
「とんでもない才能だ」
「その野球の記事が気になる」
「ほかのおっさんライターも実は、、、?」
「俺は13歳の頃野球カードをやってた」
「こんな風に有名になった人はいない」
「日本には逆のパターンがいそうだな」
「闇が深いな、、」
「精神科医にこの記事を読ませたら、難問だと言っていたよ」
「このストーリーには、10の生涯から分かることよりも、はるかに多くのジェンダー問題を含んでいる」

と事件の衝撃を皆隠せないようだ。

参照元:DEADSPINTwitter

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ライター紹介ライター一覧

福井よしお

1977年生まれ。魚をキレイに食べます。趣味は育毛。ばかばかしいニュースから、為になるニュースまで、基本軽いタッチでお届け致します。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!