【美談】路上でホームレスの髪を切っていた理髪師、「店」をプレゼントされる!

トレンド

「優しい気持ちは連鎖する」 そんな言葉を思い出させる、ハッピーなニュースが飛び込んできたのでご紹介したい!

フィラデルフィアに住む、ブレノン・ジョーンズさん(29)は、11年間理髪師として働いていたのにもかかわらず、「充実感を得られない」と言う理由で理容師を離れスタイリストとして活動する日々が続いていた。

そんなある日、ブレノンさんは路上でひとりのホームレスに出会い、運命を変えることとなる。

ホームレスにヘアカットをしてあげたい

街のホームレスの存在を無視して歩く人が多い中で、ある日ブレノンさんはひとりのホームレスにバナナと2ドルを与えた。

ホームレスと別れたその後も、彼のことが気にかかり、ブレノンさんは「僕はホームレスたちのために、もっとできることがあるのではないか・・・」と考えはじめたのだという。

そして、ついに長らく使っていなかったハサミを再びにぎりなおし、自身の技術をつかってホームレスにヘアカットを提供することを決意したのだ。

「ホームレスのためにヘアカットをします」という看板を立て、SNSで広告を出したり、自身が路上でヘアカットしている様子をFacebookでライブ配信したりして、自身の活動を宣伝していった。すると、ブレノンさんの噂はたちまち広まっていったという。

「君の店だ。無条件につかってくれ」

同州オゴンツで理髪店「Taper’s」を経営する理髪師ショーン・ジョンソンさん(44歳)も、この噂を耳にしたひとり。

ブレノンさんのホームレスに対する善行を見て、何か協力したいと思い、「うちで働かないか?」とスカウトをかけた。実はショーンさんには暴行罪で6年間服役をしたことがあり、人生の再スタートをきる際にはたくさんの人に協力してもらったそう。その恩を次に受け継ぎたいとの想いだった。

だが、ブレノンさんは、自分はホームレスの髪を切ってあげたいと、丁寧にその申し出を断ったという。

それから月日が経ったある日、ショーンさんは再びブレノンさん「見せたいものがある。一緒に来てほしい」と声をかけた。

その日、ショーンさんがブレノンさんを連れてきたのは、自身の新店舗にするつもりで改装を終えたばかりの店だった。

そこで、ショーンさんは「寒くなったら、ホームレスのヘアカットはどうするんだ?」と尋ね、ブレノンさんが何も考えていなかったという旨を伝えると、驚きの言葉を発した。

なんと、「君の店だ。無条件につかってくれ」というのである。

そして、ブレノンさんはこの申し出を、ありがたく受けとり、いきなり店を構えることとなったのである!

もちろん今でもホームレスのために

こちらが実際のブレノンさんの店舗だ。

ブレノンさんは店舗をもった今でもなお、月曜日はホームレスにヘアカットやランチ提供、健康診断をする日として、街に繰り出しているという。それも、ショーンさんと共に

温かい心をもった2人の理髪師は、きっとこれからもフィラデルフィアの街に優しさを広げていくことだろう。

参照元:Instagram

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ライター紹介ライター一覧

村山ていな

小学校から大学まで家の近くに学校がない人生だったおかげで、特技は早起き。 「ゆでたまごの殻を剥く選手権」があったら、世界ランキング上位3%に入る自信あり。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!