25歳美女が人工肛門をつけ挑戦したこととは!?難病を克服し人々に勇気を与える姿が話題に!

健康

人工肛門をつけた女性がフィットネスモデル優勝!

欧州最大のフィットネスモデルコンテスト「ピュア・エリート」の優勝者が、今月発表された。

見事、グランプリを勝ち取ったのは、英出身のゾーイ・ライトさん(25歳)だ。

筋肉隆々の鍛え抜かれた見事な肉体美を披露したゾーイさんだが、彼女の身体をよくみてほしい。

「右腹部に見える白い物は一体何?」と思った方も多いだろう。

実はこれ、「イレオストミー」と呼ばれる、腹部に造られた人工肛門なのだ。

ここ数年、数々のフィットネスコンテストで賞を獲得してきたゾーイさんだが、その背景には彼女の並々ならぬ努力、そして強い意志があったのである。

原因不明の難病におかされ、手術を決断!

2012年、急激に減り始めた自身の体重が気になったゾーイさんは、医師のもとを訪れ、潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)であると診断された。

大腸粘膜に潰瘍ができる原因不明の疾患で、日本でも厚生労働省より難病指定されている。

▲(左)当時のゾーイさん(右)現在のゾーイさん

慢性的な痛みと闘いながらも、無数の薬を試したり、遠くの病院へも足を運んだゾーイさん。しかし、それも限界に達したため、2014年11月に人工肛門を取り付ける手術をおこなったのである。

誰にも欠陥はある、と敢えて選んだフィットネスモデル

このような手術を受けたあと、なんらかを犠牲にしたり、あきらめてしまったりする人も多いのではないだろうか。

もともと体を鍛えることが好きだったゾーイさんだったが、人工肛門を取り付けた身体を披露するという発想は、普通なら思いつかないかもしれない。

しかし、ゾーイさんは手術からわずか10か月後に、フィットネスモデルとして初めてステージにあがり、しかも賞を獲得したというのだから、もはや尊敬しかない。

手術を受けた当時は自分の殻にこもっていたわ。でもこのままじゃいけないと思ったの。こんな体になってしまうと誰でも自信をなくすでしょう。だからこそ、敢えてフィットネスモデルの道を選んだの。人間誰しも欠陥があるはず。私がモデルとして活躍することで、みんなに勇気を持ってほしいわ。

今回のグランプリ獲得で大手スポンサーとモデル契約を結んだゾーイさん。壁を乗り越えることはそう容易いことではないが、それを克服したときに得るものは壮大なものに違いない。ゾーイさんはそれを私たちに教えてくれたのではないだろうか。

参照元:InstagramMetro

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ライター紹介ライター一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!