【おそロシア】これが氷点下62度の世界だ!世界で最も寒いロシアの村オイミャコンの冬がヤバすぎる!

自然

先週は寒かったなあ、なんて思っている人!

日本の極寒なんてまだまだ生ぬるい!と思うようなニュースがロシアから飛び込んできたぞ!

世界で最も寒いロシアの村で氷点下62度を記録!

ロシア・サハ共和国の北東に位置する、人口462人のオイミャコン村。

そこは「世界で最も寒い定住地」としてギネス世界記録にも登録されているほどだ。

どのくらい寒いのかというと、、、

まつ毛ーーーっ!!!

まつ毛1本1本が綺麗に凍ってしまっているではないかっ!

こんな風になってしまうのは、外国人特有の長くて多いまつ毛ならではだなー、なんて変なところに関心がいきそうになるが、そんなことはどうでもよい。

これが氷点下62度の世界なのだ!

オイミャコン村での生活がヤバすぎる!

今月14日、オイミャコン村で氷点下62度が観測された。

2017年に設置されたばかりだというこの電子温度計も、あまりの寒さに故障してしまったという。

氷点下62度といえば、吐く息は瞬時に凍りつき、ペンのインクは固まり、メガネは顔にくっつき離れなくなる。車のエンジンは24時間かけっぱなしにしておかないと使えない。

魚も、このようにカチカチに凍ったまま市場で販売されている。まさに冷凍庫、いやそれ以上の寒さのなかで生活をしているのだ。

ちなみに氷点下39度でこれくらい。まつ毛で寒さを測ることができるなんて、オイミャコンならではないだろうか。

世界で最も寒い村にも夏は来る!

1年の半分以上が冬で、年間平均気温はマイナス15度というオイミャコンだが、夏の日中は30度を超えることもある。気温の移り変わりが激しく、1日の寒暖差が30度以上になることもあるようだ。

安心してください。オイミャコンにも夏はやってくるようです。

参照元:InstagramMailOnlineWikipedia

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ライター紹介ライター一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!