【激レア!】嵐の後のビーチでナマケモノの赤ちゃんを発見!

動物

一体何が!?ビーチにナマケモノの赤ちゃんが!

今週、コスタリカのビーチを休暇で訪れていた人たちが、ある鳴き声を耳にした。

鳴き声のする方へと歩いていくと・・・。
こんな光景を目にしたのである!!!

私たち日本人はあまり目にすることはないが、この不思議な生き物はナマケモノの赤ちゃんだ。

2つの岩に足を挟まれ、身動きができなくなってしまっているのか。この悲痛な鳴き声は、「助けて!」と懸命に訴えているように聞こえる。

奇跡的に嵐から難を逃れる!

観光客たちは、すぐさま宿泊先のオーナーに事態を告げ、現場でナマケモノを救助したという。前夜の嵐で海岸に打ち上げられたのか、身体は塩水で濡れ、目には砂が入っていたようだ。

奇跡的に嵐から難を逃れたナマケモノの赤ちゃんは「グアナバナ」と名付けられた。

▲奇跡的に助かったグアナバナ

付近を見渡しても、グアナバナの親や仲間を見つけることができなかったため、オーナーたちはタオルで包んだグアナバナを箱に入れて連れて帰り、身体についた塩水を洗い流したという。

それから、動物救助センターへと連れていき、現在グアナバナの健康状態は回復に向かっているようだ。

家族のもとへ戻れる日が来ますように!

▲一般的にナマケモノはこのように樹にぶら下がって過ごす

南アメリカや中央アメリカの熱帯雨林に生息するナマケモノだが、彼らは生涯のほとんどを樹にぶら下がって過ごす。食事や睡眠、交尾や出産にいたるまで樹にぶら下がって行うため、排便などのために、週に1度、地上に降りる程度である。

そのため、今回なぜグアナバナがビーチで発見されたのか、いまだその経緯は不明だという。

元気になったグアナバナが、一刻も早く家族や仲間のもとへ戻れることを願いたいものだ。

参照元:YouTubeMetroWikipediaflickr

   
あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧