【コラム】チョコを貰う下準備はお済ですか?

おもしろ

数日前まで年末だったような気がするのだが、気が付いたら2月になっていたようだ。

2月・・・・2月!

そう、2月といえば、言わずもがな、1年で1番男がソワソワする日・・・バレンタインデーがある。

近頃では”日本ふんどし協会”なる不可思議で破廉恥な組織によって、「2月14日はふんどしの日」と正式に制定されてしまったために、2月14日になると「ふんどしの日!ふんどしの日!」とバレンタインを誤魔化しにかかる輩が多く、とても残念に思っている。

その女性から相手にされない悲しさ、虚しさは十二分にわかるがやはりここは、男たるものバレンタインデーにしっかりと向き合うべきだろうと俺は考えている。

さて、この記事をお読みの男性諸君、バレンタインデーの下準備はお済だろうか?

この上の一文を読み、「男が下準備?バレンタインなのに?変なこと言ってら!」と思った男性の方もいるだろうが、残念ながらそうお思いの方はまったく女性側の事情を考えていない自分勝手な男に違いない。

そういう男に限って、当日になって「バレンタインだ!チョコくれ!」と言い出し、相手を困らせるのである。

そんなことでチョコを貰おうだなんて甘い、甘すぎる。

なんならば、チョコよりも甘い考えである。

その点、俺のようなプロバレンタインプレイヤーともなると、「バレンタインのチョコの用意を考えると、今からでも女性たちにチョコくれアピールをしておいたほうがいいだろう」と考え、2月に入った段階からアピール、すなわち、下準備を行うのである

そのほうが、女性にとってもチョコ選びの時間、またはチョコを作る時間などが作れ、非常にありがたいはずだ。

無論、俺はこの記事を書くよりも一足早く、お友達の女性たちに

「いやー早いもので、もう2月チョコ」
「今度、みんなでご飯行こうチョコ」

と言った具合に、語尾に自然と”チョコ”をつけるように会話をしたり、

このように、ラインで素直に「チョコをください!」とアピールをしたりしている。

宗教勧誘に間違えられようと、お断りをされようと関係ない。

ここで大事なのは、「takaはチョコを欲しがっている」と女性側に認識させることが大切なのだ。

ここでしっかりと”チョコ”を認識させる行動ができれば、もう貰ったも当然。今の時代、ありがたいことにコンビニでもどこでもラッピングされたバレンタインデーチョコが売っている。

何かの買い物のついでにバレンタインコーナーのチョコが目に入り、「ああ、そういえばtakaが欲しがってたからついでに買ってあげよう」ということになり得るのである。

必死だなと思われるかもしれないが、女性からチョコを1個貰えるというのはモテない男にとっては、生きる希望、つまりは、ライフポイントが1個増えるようなものなのだ。

俺はチョコが貰えるならば、いつでも土下座する覚悟だ

どうだろう、ここまでやれば俺の下準備はもはや完璧。

もしや、今日あたり俺のためにチョコを買ってしまった女性もいるかもしれない。これは当日が楽しみである。

幸いなことに、まだバレンタインデーまで時間があるので、男性諸君には、是非とも俺のように事前の下準備をしっかりとして、バレンタインデーに臨んで頂きたい。

ちなみに成果はあるのか?と疑問に思う方もいるかもしれないが、安心して欲しい。

俺は去年からこのようなことをやっているのだが、しっかりと去年のバレンタインデーに会社の女の子から「はい、チョコね」ととても雑な感じでアルフォートをひとつ貰ったという抜群の成果を発揮している

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

taka

edamame.のライターにして 唯一無二のイケメンブロガー。 彼が歩いた後には満開の花が咲き、 彼が訪れた地には文明が栄えると言われている。 「女性達よ、僕のために争うのは やめておくれ」が口癖の心優しく女性にはもっと優しい好青年。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!