【虐待か!?】髪の毛を染めた娘が、離婚した父親宅から帰ってくるとトンデモない姿に!

カルチャー

年頃の娘が「ママ、髪の毛を染めてもいい?」と聞いてきたら、あなたならどう答えるだろうか?

もちろん校則に違反するのなら同意はできないが、海外ではいろんな人種が混ざり合っているため、髪の毛の色もさまざまだ。

今、そんな愛娘のお願いを聞き入れた母親の投稿が、物議をかもしている。

ロングヘアの娘が短髪になって帰宅!

1月末、オハイオ州に住むクリスティンさんは、愛娘ケルシーさんの要望をきいて誕生日プレゼントとして髪の毛を染めることを許可したという。

その後ケルシーさんは、別々に暮らす父親の元を訪れたのだが、3日後に自宅に戻ってきた娘の姿をみて、クリスティンさんは息をのんだ。

Christin Johnsonさんの投稿 2018年1月31日(水)

そこにいたのは、美しいロングヘアの娘ではなかった。

Christin Johnsonさんの投稿 2018年1月31日(水)

無残にも短く刈り上げられ短髪になった娘は、誰にもみられたくないと自身の顔を隠すばかりだ。

父親宅で一体何があったというのか、、、。

髪を染めた罰として娘の髪を切った父親

娘が髪の毛を染めたことが、父親の逆鱗に触れたようだ。

父親と、再婚相手の女性は、なんとケルシーさんの髪の毛を切り落としたというのである!!!

女性にとって、ましてやティーンネイジャーにとって髪の毛はかけがえのないものだ。実の父親によってこんな姿にされたケルシーさん、心に深い傷を負ったに違いない。

元夫による卑劣な行為が許せないクリスティンさん。一連の流れと写真をFacebookに投稿し、これまでに2万5千回もシェアされている。

This is what my daughter looked like Sunday when I took her home and the other two pics is what happened today before she was brought to me… all over me having highlights put in her hair for her birthday!

Christin Johnsonさんの投稿 2018年1月31日(水)

コメントの多くは同情を寄せるものだが、なかには父親の行動は正しいという意見もある。

・これはれっきとした児童虐待よ!
・父親は娘を愛して尊敬するものよ!
・最低な父親!
・年頃の娘に、よくもこんなことが、、、。
・父ちゃん、よくやった!
・父親はこうやって威厳を示すべきだ!

Christin Johnsonさんの投稿 2018年2月3日(土)

▲ウィッグをつけた生活を強いられているケルシーさん

現在、児童虐待が疑われ、警察と児童サービスセンターによる捜査がおこなわれているというが、2人は勤務先である地元消防局から休暇を取っているため、調査は先延ばしになっているようだ。

娘に、髪の毛を染めることを許した母親を非難する人もいるが、父親のとった行動は果たして正しかったのか。各家庭において、それぞれ家庭の方針というものがあるだろうが、賛否が問われる問題になりそうだ。

参照元:MetroFacebook

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ライター紹介ライター一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!