【衝撃】温暖化により水没の危機にある南太平洋の島「ツバル」、実は国土が拡大していた!!

自然

地球温暖化による水面上昇は、ウソ?

地球温暖化による水面上昇により、国土が水没すると考えられていた太平洋の国ツバル。この国に関して衝撃の事実が明らかになった。

なんと、想定とは逆にツバルの面積は拡大していたのだ!

「地球温暖化により水没する」という主張は、ウソだったのだろうか!?

海面上昇は進んでいるが、面積も拡大している

この事実は、ニュージーランドの大学の研究により明らかになった。

研究チームによると、1971年から2014年までのツバルの地形の変化を分析したところ、国土の総面積が2.9%拡大していたようだ。

波や嵐で打ち上げられた堆積物などが要因となり、国土が拡大したと想定されている。

地球温暖化について学ぶとき、必ずと言っていいほど、「北極の氷が溶けて、ツバルが水没する」という話がなされる。それを考えると、なんとも不思議なものである…

だが、地球温暖化による悪影響がウソだったということではない。実際にツバルでは、世界平均の2倍のペースで海面が上昇している。

研究チームは、地球温暖化が低海抜の島国にとって脅威であることに変わりはないが、対処の仕方を再考すべきだと論じている。

地球温暖化は、日本にはあまり直接的な悪影響が出ていないが、南太平洋の島国では重要な問題となっている。地球規模で考えて、これからは我々も対処の仕方を考えていかなければならない。

参照元:AFP BB NewsWikipedia

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

Haru

抽象性大好き男。できないことにしか挑戦しない、当たって砕けるタイプ。詰めが甘く成功を取りこぼすこと多々あり。自己紹介の始まりは基本「男なのに嵐好き」

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!