【愛】1カ月ぶりに再会した子ザルを親ザルがギュッと抱きしめる心が温かくなる映像が話題に!

動物

あふれ出る愛にハートがアツくなる

みなさん突然ですが、最近、心満たされる抱擁を交わしたことはありますか?筆者(手羽先)はないです。

孤独の砂漠である現代社会では、ギュッと抱きしめあうだけでも心の栄養が補給されるもの。でも、筆者のようなロンリーな恥ずかしがり屋さん(言い方を変えました)にはちょっぴりハードルが高いはず。

そんな方々に是非ご覧いただきたい動画がある。それがコチラだ!

この映像は、2月10日、南アフリカの東部に位置するクワズール・ナタール州で撮影されたものだ。

カゴから放たれたのは、ベルベットモンキーのピアース

彼が人間に保護されるようになったのは、一か月前、地元高校の生徒が怪我しているピアースを発見し、同じ街にある動物レスキューセンターに運び込まれた事から始まる。

ピアースは足に重傷を負っており、命の危機にも瀕していた。だが、同センターの賢明な治療により回復し、1カ月もたつころにはすっかり元気になったようだ。

そして10日、いよいよ自然界に戻す時が来た。

籠から放たれると、勢いよく格子戸をよじ登る。しかし、まだ本調子に戻らないのか、途中で登れなくなってしまう。

すると、ピアースの家族とみられる大きな個体が近寄り、引きあげたのである。大きなサルはそのままピアースを腕の中に引き入れ、優しく再会を喜んだ。

彼らは人間を見て、「誘拐犯め!」という風にとても怒っている様子だったというが、センターの職員はとても感動したとのこと。

ピアースも、家族の腕の中でさぞかし安心したに違いない。

見ているこっちも、ついついハグをして体温を感じたくなる動画であった。

 

参照元:LiveLeak

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

氷をぼりぼりたべるのがだ~いすきな異食症のキタキツネです。ツイッターでは日本一下品かつ雑にニュースをアップしています。写真はTinderで出会った蔵王きつね村に在住の子です。

この人が書いた記事記事一覧