【どゆこと!?】世界新記録なのに銅メダル!?オリンピックでオランダ代表を襲った珍事!

トレンド

世界新なのに金メダルじゃないの!?

最近お茶の間を賑わせているニュースと言えば、韓国・平昌で開催中の冬季オリンピックだろう。

そんなオリンピックで衝撃の珍事が発生した。なんと、スピードスケートのオランダ代表が、世界新記録で”銅”メダルを獲得したのだ!

・・・どういうこと!?

事件はスピードスケート女子3000メートルリレーで起こった…

Team NLさんの投稿 2018年2月20日(火)

珍事が起こったのは、スピードスケートのショートトラック女子3000メートルリレー。

物語の主役のオランダは、「スケート王国」と呼ばれるほどの強豪で、優勝候補の一角。

だが、10日に行われた予選で惜しくも決勝進出を逃がし、5~8位決定戦に進むこととなった。

そして5~8位決定戦が20日に行われたのだが…

スタートから積極的に飛ばしたオランダ。ぐんぐんレースを引っ張っていき、1着でゴール。

そのタイムは・・・なんと世界新記録であった!!!

決勝には進めなかったが、5~8位決定戦で世界新という素晴らしいレースをしたオランダ代表。

予選で悔しい思いをしたのに挫けなかった選手たちに、称賛の拍手を送ろうとしたのだが…

その時であった!!!

決勝で2チームが失格になり、繰り上げの表彰台!

Team NLさんの投稿 2018年2月20日(火)

5~8位決定戦の直後に行われた4チームによる決勝戦で、なんと2チームが失格となってしまった。

この結果、5位のはずであったオランダが繰り上げで3位となり、世界新記録で銅メダルを獲得するという珍事が起こってしまった!

5位のチームが世界新記録というのも、なかなか不思議な話なのに、世界新で銅メダルとは…あまりしっくりこないものである。

ちなみに、5~8位決定戦で2着となったハンガリーのタイムは、決勝戦で1着となり金メダルを獲得した韓国のタイムよりも早かった。

タイムで競うのではなく順位を争う競技なのかもしれないが、なんともよくわからない不思議な話であった。とりあえず、奮闘した選手たちに拍手を送ることとしよう!

参照元:Facebook

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

Haru

抽象性大好き男。できないことにしか挑戦しない、当たって砕けるタイプ。詰めが甘く成功を取りこぼすこと多々あり。自己紹介の始まりは基本「男なのに嵐好き」

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!