【すっご!】ネコとネズミを武装させようと甲冑をつくったらクソかっこよすぎた件!

アート

昔から犬猿の仲である二匹

古来から「ネコはネズミ捕りの名人」やら「ネコはネズミの天敵」と言い伝えられてきた。

どうやら、人間のものを食べてしまうネズミが死活問題となった時代に、「ネコがネズミを捕獲する能力に長けていた為、人間がネコを飼い始めた」という事から由来しているようだ。

 

「遊びで命を奪ってくるネコ」

「命がけで逃げ狂うネズミ」

そんな対照的な関係にインスピレーションを受けたのか、とある海外クリエイターが作り続けている「ネコ&ネズミ専用の甲冑」「オラついてて渋すぎる!」と話題を呼んでいる。

 

それがこちらだ!

 

 

ネコ専用

 

 

 

ネズミ専用

ひ、控えめに言ってクソカッコいい・・・。

 

美しいフォルム、繊細な細工、レガシーな雰囲気を残しつつ、近未来を感じさせる挑戦的なデザイン。

中二心を持った人間であれば、心がときめかないはずはないだろう。

 

重量がある為、もちろん実用的ではないが、これを身につけさせて、ぜひ京都の嵐山などを散歩をしたいものだ。

 

 

このような甲冑を作ろうと思ったきっかけ

この甲冑を作ったのは、カナダを拠点とする金細工アーティストのジェフ氏。


実は彼、もともとは人間の甲冑のデザインや彫刻をしていたそうだが、飼い猫の為に試しに甲冑を作ったところ、それにハマってしまったそうだ。

 


以降、古来から仲の悪いネコとネズミを「戦国武将の派閥争い」に見立てて、さまざまな動物の甲冑をつくるようになったのだという。

 

余談だが、実際に甲冑を飼い猫に着せる時は相当苦労したらしく、飼い猫の抵抗によって腕が引っ掻き傷だらけになってしまったらしい。

しかし、ネズミ専用の甲冑は、実際にまだ着せたことがないらしく、少し野望を抱いている様子のジェフ氏。

 

果たして彼は、鼠咬症(そこうしょう)の恐怖(リスク)を乗り越えて、リアルなネズミに甲冑を着せるチャレンジをすることができるのだろうか。

 

許諾元:JEFF DE BOER HPFacebook 

   
あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ふくてん

隙あらば、グミばかり食べている偏食型ふくろう。 普段はゲーム開発に携わる仕事をしています。 将来の夢は「ワープ航法を使って惑星二ビルに行く事」

この人が書いた記事記事一覧