【第二の地球へ】NASAが居住可能な惑星の発見を目指して宇宙望遠鏡「TESS」を打ち上げたぞぉ!

テクノロジー

第二の地球の発見を目指して

先日の4月18日。

NASAが本格的に、太陽系外で居住可能な惑星を探索すべく、アメリカのフロリダ州にて宇宙望遠鏡「TESS」を打ち上げた事が話題になっている。

ショートムービーだが、打ち上げる瞬間が動画で届いているので、早速ご覧頂こう。

青く澄んだ広大な海に囲まれた中、真っすぐ純粋に天空を仰ぐシャトル。

8…7…6…5…4…と、打ち上げ前のカウントダウンが始まり、緊張感が高まる。

3..2…1…

「ゼロ」という発声と同時に、轟音を響かせながら、真っすぐに飛び立ち、やがて美しい放物線を描きながら、雄大な宇宙へと旅立っていった。

 

これから彼は、我々の未来をその身に背負い、地球以外の居住可能な惑星を探す日々が続く。

 

 

「TESS」に託された特別なミッション

年間で何本も打ち上げられている人工衛星や宇宙探査機。

 

その中で今回、打ち上げられた「TESS」が、なぜ話題になっているのかというと、それは彼に託されたミッションが特別だからである。

その特別なミッションとは「第二の地球を探し出すこと」

 

昨今、世界中では、資源が枯渇してきた事や人口の爆発的増加などが原因で、「やがて地球に住めなくなる日がくる」と囁かれている。

我々が今生きている間には、最悪な事態になることはないらしいが、地球の寿命が見えてきつつあるということだ。

 

だからこそ、「TESS」が未来の人類の為に、その高性能な機能を活かし、これから2年間で約300光年もの範囲の調査を行う。

彼の主たる目的は「ハビタブルゾーン(生命居住可能区域)に存在する惑星の探索」だが、もしかしたら、我々の想像を超える異形な惑星も発見してくれるかもしれない。

 

 

今後、宇宙が身近になる

つい100年ほど前までは、宇宙は人類とは縁遠い存在であったが、昨今では年間いくつかの人工衛星や探査機などが、打ち上げられている。

その影響もあってか、地球に最も近い地球外天体である「月」の全貌も少しずつ明るみになってきた。

他にも、現時点で地球から最も遠い距離にある人工物であるボイジャー1号は、2012年に初めて太陽系外を超えた宇宙探査機となり、今もなお孤独と戦いながら、人類の未来を切り開いていっている。

今回、打ち上げられた「TESS」もきっと、その偉大なる存在たちとともに未来に名を残すことになるだろう。

 

参照元:YouTube

   
あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ふくてん

隙あらば、グミばかり食べている偏食型ふくろう。 普段はゲーム開発に携わる仕事をしています。 将来の夢は「ワープ航法を使って惑星二ビルに行く事」

この人が書いた記事記事一覧