【朗報】南鳥島の海底に貴重な資源「レアアース」が大量に存在することが判明!その量全人類が使用する数百年分!

自然

「資源のない日本」とは、ついにおさらば?

自前の資源・エネルギーがないと考えられ、他国からの輸入に頼らざるを得なかった日本。そんな状況を一変させる可能性がある、嬉しいニュースが飛び込んできた。

日本最東端の島である南鳥島の海底に、世界需要の数百年分という大量のレアアースが存在することが判明したのだ!

海底に大量のレアアース!その量は「半無限」!!

レアアースとは、テルビウムやイットリウムという複数の希少な金属の総称であり、デジタル機器の製造に欠かせない材料だ。

今回の発見は、東大などの研究チームによって明らかにされた。

研究によると南鳥島の海底の泥は、「半無限」とも呼べるほどのレアアースを含んでいる模様。

モーターの製造に使用されるテルビウムは世界需要の420年分、液晶ディスプレイに用いられるユウロピウムは620年分、カメラや携帯電話に用いられるイットリウムは、なんと780年分あるという。

これまで、レアアースの生産は中国がほぼ全てを担っており、2015年時点では、全世界の供給量の約95%を中国が握っていた。

したがって、専門家は今回の発見に、「日本経済、さらには世界全体の経済を、大きく変化させる可能性がある」と鼻息を荒くしている。

これまで自前の資源・エネルギーがなく、他国に頼らざるを得なかった日本としては、なんとも嬉しいニュースである!

レアアースを世界に大量に輸出する、なんて嬉しい未来が実現されるよう、期待しておこう!

参照元:CNN

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

Haru

抽象性大好き男。できないことにしか挑戦しない、当たって砕けるタイプ。詰めが甘く成功を取りこぼすこと多々あり。自己紹介の始まりは基本「男なのに嵐好き」

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!