【ウマかったからお代わりしちゃったよ】ドイツで衝撃の「虫バーガー」発売!見た目は普通で、味もイケる?

グルメ

「ゲテモノ料理」がヨーロッパ進出

世界には様々な食文化があり、カエルやサソリなど、いわゆる「ゲテモノ料理」と呼ばれるものも存在する。これらはアフリカやアジアなどで多く見かけられるが、ついにヨーロッパにも進出したようだ…

なんと、ドイツで幼虫を使用した虫バーガーが発売されたのである!

見た目→普通のハンバーガー、味→ウマい!

Bug appetite! German supermarket sells burgers made from lesser mealworm larvae – http://ow.ly/4lUv30jCjts – congratulations @bugfoundation #insectprotein #edibleinsects #foodinnovation

Woven Networkさんの投稿 2018年4月22日(日)

この虫バーガーに使用されているのは、たんぱく質が豊富で栄養価が高いミールワームという幼虫。

幼虫を使用しているということは、ウジャウジャした見た目か…?と思いきや、いたって普通のハンバーガー。あら、想像と違う。

製造者によると、「見た目が良くて、幼虫だとバレないバーガーを作ろうとしたんだ」とのこと。そういうことなら、見た目が普通なのも当然だな!

そして、気になるお味は…美味しいらしい。スーパーで試食した男性は、「はじめは躊躇したけど、ウマかったからお代わりしちゃったよ!」とコメント。案外イケるやん!

この虫バーガーは、オランダやベルギーで好評だったため、ドイツに進出した模様。ということは、これからどんどん各地に進出していくかもしれない!

海外旅行に行った際、運良く(悪く?)見つけてしまったら、是非トライしてもらいたい!

参照元:The GuardianFacebook

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

Haru

抽象性大好き男。できないことにしか挑戦しない、当たって砕けるタイプ。詰めが甘く成功を取りこぼすこと多々あり。自己紹介の始まりは基本「男なのに嵐好き」

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!