【世界初】頭が2つある奇形鹿の死体が発見される(画像あり)

動物

2016年5月。アメリカ・ミネソタ州─ミシシッピ川の近く。藪の中を歩いていたとあるキノコ採集者が、奇妙な光景を目の当たりにする。草むらの中、横たわっていたのは・・・

頭が2つ─鹿の奇形児の死体

世界で初めて発見された、双頭の鹿の赤ちゃん。

この奇妙な死体は、研究のため生物学者達のもとへ送られた。

そして今年4月、解剖およびCTスキャンの結果をまとめた論文が発表されたのである。

研究の結果わかったのは、この子”達”はメスであり、二つの頭胸の辺りから分かれた首を持つこと。毛皮と足は完全に正常であった。

内臓に関してもいくつかわかったことがある。肝臓は1つだけで、脾臓と腸は余分に持っていた。また、心膜はひとつだが、心臓は2つあった。

しかし、なぜこのような形で生まれたのか、説明できない不思議な点がたくさんあるという。

ただひとつ言えることは、この赤ちゃん鹿の肺は一度も呼吸をした形跡がなかったということだ。

おそらく死産であったと考えられる。

論文の筆頭著者であるジノ・ダンジェロ博士は語る。

しかし、彼女達は、発見されたとき、ちゃんと毛づくろいされていて、自然な状態でした。おそらく母鹿が、出産の後に彼女達を手当てしようとしたのではないかと考えられます。母性本能というのは、非常に強いものなのです。

たとえ子供の姿が普通とは違っていても、母親の愛情は変わらない。

きちんと手入れされた毛並みはまるで生きているかのようである。

筆者はこれほどまでに美しい動物の死体を見たことがない。

参照元:UGA TODAYIFLScience、Twitter[1][2]

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

yamada

名乗るほどの者ではございません。ほとんど惰性で生きてます。

この人が書いた記事記事一覧