【お手柄】工学部の学生が「エンジニアっぽい」やり方で倒れた人の命を救う!その方法に全世界が感心・・・

テクノロジー

皆さんは、「工学部」と聞いて、どんなことをイメージするだろうか。

多くの人が、何かロボットとか作ってるんでしょ?くらいの印象しか持っていないかもしれない。

もちろん工学の意義は、何かを作り出すことにあるのだが、そのためにはまず「モノの仕組み」を理解しなければならない。

工学の本質は、モノや現象、あらゆることについて仕組みを知り、それを応用して社会に役立てることにあるのだ。

今回紹介するのは、大学で工学を学ぶ一人の学生が、その知識を利用して人の命を救ったという、奇跡の救出劇である。

フライト中の飛行機の中で・・・

インド工科大学に通う学生カーティケヤ・マンガラムさん、21歳。スイスでの交換留学を終えた彼は、インドへ帰るための飛行機に乗っていた。

そのフライト中、突如、客室乗務員の切迫した声が聞こえた。

「お客様の中に、お医者様はいらっしゃいませんか」

なんと、乗客の一人が意識を失いかけているという。

その乗客の名はトーマス。Ⅰ型糖尿病の患者である。

Ⅰ型糖尿病の患者は、インスリンを定期的に体に打たなければならない。そのときに使用されるのがインスリンペンである。

インスリンペンのイメージ

トーマスさんは、ペンに取り付けるカートリッジは持っていたものの、インスリンペン本体をなくしてしまっていた。そのため、インスリンを打つ事ができなかったのだ。

その飛行機にはロシア人の医師が乗り合わせていた。さらにその医師は自身が糖尿病を患っており、インスリンペン本体を持っていたのだ。

なんという幸運!しかし、医師が持っていたインスリンペンと、トーマスさんが持っていたカートリッジはそもそも種類が違うもの。医師はなんとか自分のペンにトーマスさんのカートリッジを取り付け、注射しようと試みたが、何度やってもうまくいかなかった。

そのうちトーマスさんは口から泡を吹きはじめ、乗務員たちは緊急着陸の準備を始めた。

そこでマンガラムさんは、医師に声をかけたのだ。

「そのペンとカートリッジ、僕に見せてもらえませんか。」

彼はまずはじめに、客室乗務員にプレミアムwifiサービス(ビジネスクラス以上でないと使えないもの)を利用できるように頼んだ。乗務員はそれを「しぶしぶ」許可したらしい。

インターネットを通じて、インスリンペンの設計図のPDFをダウンロードしたマンガラムさん。設計図と実際のペンを見比べ、どうやら「小さなばね」がなくなっているということに気付いたのだ。

彼は「冷静に」考えた。そして、乗務員に、客からボールペンを集めてくるよう頼んだのである。

数分後、乗務員は4~5本のボールペンをマンガラムさんに手渡した。

彼はそれらのボールペンから「ばね」を取り出し、ひとつひとつ、インスリンペンにはめて確認していく。

そして、あるひとつのばねが、完璧にインスリンペンにフィットしたのだ。

すぐさま医師はトーマスさんにインスリンを打った。15分もたたないうちに、彼の血糖値は安定し、通常の状態に戻っていったのである。

“仕組みを理解すること”の重要性

後にマンガラムさんは、こんなことを書いている。

今回のできごとは、大学で学んだ基礎工学のスキルが、重要なものであるということを気付かせてくれた。「人の命を救う」ことと「工学」が関係してるなんて、誰も想像できないだろうね。こんな経験ができるなんて、工学の知識を学ばせてくれたインド工科大学に感謝しているよ!

さて、現代人の身の回りには「なんとなく使っている」便利なものが溢れている。

たまには、それがどういった仕組みで動いているのか、思いを巡らせてみてはどうだろう。

ひょんなところで、役に立つ事があるかもしれない。

参照元:IFLScienceTwitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

yamada

専門知識があるように見せかけて実はそうでもない博士課程中退者。 好きなものはカフェイン、アルコール、カプサイシン。

この人が書いた記事記事一覧