【細かっ!】これ普通のタトゥーじゃないんです!文字が散りばめられてるのわかりますか?

アート

これ、普通のタトゥーじゃないんです!

まず最初にこちらのタトゥーをご覧いただきたい。

Andreas Vrontisさん(@tattoovrontis)がシェアした投稿

日本を代表するアニメ『ドラゴンボール』の孫悟空。やっぱドラゴンボール人気すげえなあ、なんて着目点はそこではない。

スマホでご覧になっている方は、拡大してよーくみてほしい。

なんとこれ、文字や記号を用いて表現するアスキーアートのタトゥーなのである!

世界初?アスキーアートのタトゥー職人!

アスキーアート(通称AA)は、プレーンテキストによる視覚的表現技法のことで、テキストアート、活字アート、絵文字などともよばれている。携帯電話で顔文字を使用した経験のある方は、それを思い浮かべてもらえればわかりやすいのではないだろうか。

そんなアスキーアートに魅了されたのが、キプロス在住のタトゥー職人アンドレアス氏(31歳)。2015年に初めて作品を手がけ、以来多くのアスキーアートタトゥーを世に送り出してきた。

Andreas Vrontisさん(@tattoovrontis)がシェアした投稿

オードリー・ヘプバーンなど著名人の肖像画を得意とするアンドレアス氏。

Andreas Vrontisさん(@tattoovrontis)がシェアした投稿

動画でみると、その精巧さはよりおわかりいただけるだろう。

Andreas Vrontisさん(@tattoovrontis)がシェアした投稿

アンドレアスさんが知る限り、彼は世界で唯一のアスキーアートタトゥー職人だという。そのため、数年かけて独自が生み出した作業過程については公表はしないものの、ソフトウェアには頼っていないのが彼のこだわりだという。

一つだけいえることは、アスキーアートは小さな文字を使用しているため、作品を作り上げるのには驚くほどの忍耐と集中力が必要だということ。

綺麗で細いテキストラインを維持しながらも、適切な間隔を保つことが必要不可欠で、針を皮膚に押し込む強さも考えなければならないのだという。決して失敗は許されないのがアスキーアートタトゥーの難しさである。

人とは違う作品を手がけたかったというアンドレアス氏、彼の挑戦はまだまだ続きそうだ。

参照元:Instagram

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!