【いいね!】エリザベス女王の誕生式典で1人違う格好の近衛兵が発見され話題に!

カルチャー

歴史上初!ターバンを着用した近衛兵

6月9日、英ロンドンで、エリザベス女王の92歳の誕生日を公式の場で祝う祝賀行事が開催された。

バッキンガム宮殿にはロイヤルファミリーが勢ぞろいし、日本でも有名なイギリス王室の「近衛兵(このえへい)」約1,000人が祝賀パレードを率いる様子は、世界各国で報道されたので記憶に新しいのではないだろうか。

そんななか、1枚の写真が話題になっている。

伝統的なコスチュームに身を包んだ近衛兵たちだが、1人違う格好の男性がいるのがおわかりいただけるだろう。

そう、帽子を被らず頭にターバンを巻いた近衛兵の姿が確認されたのである。そして、実はこれ、歴史上はじめてのことだというのだ。

歴史を変えた瞬間、そして未来の姿に期待!

Kensington Palaceさん(@kensingtonroyal)がシェアした投稿

イギリス王室の近衛兵といえば、この出で立ちがトレードマークだろう。

Charanpreet Singh Lall is a member of the 1st Battalion Coldstream Guards and the first turban-clad sikh soldier to be seen participating in this ceremony

Think Change Indiaさんの投稿 2018年6月12日(火)

しかし、2016年1月にイギリス軍に入隊したシン・ラルさん(21歳)は、インド出身で幼いころイギリスに移住してきたというバックグラウンドを持っている。

シーク教徒であるラルさんは、宗教上の理由で帽子の代わりにターバンを着用し、祝賀パレードに臨んだのである。

Kensington Palaceさん(@kensingtonroyal)がシェアした投稿

今回ラルさんが注目されたことを受け、これは歴史上における大きな一歩であり、未来を物語っていると世界各国から喜びの声が多く寄せられたという。

そしてラルさん自身も、これをきっかけに宗教やバックグラウンドにとらわれず、軍に入隊したいという人が増えるよう願っていると話している。

参照元:InstagramTwitterFacebook

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!