【任務終了】ブッシュ元大統領の棺のそばに横たわる介助犬の姿に胸を打たれる

カルチャー

11月30日、ジョージ・H・W・ブッシュ元米大統領が死去した。

今、ブッシュ氏の遺体が収められた棺のそばに横たわる1匹のラブラドールレトリバーの姿が話題になっている。

ブッシュ氏は1989年に第41代米大統領に就任。敬虔なクリスチャンであり保守的な彼は、特段大きなスキャンダルもなくその任期を終了した。

晩年は体調を崩し、病院への入退院を繰り返した。

2012年には脳血管性パーキンソン症候群を患っていると発表。車椅子を使う事が増え、公の場に出ることも減った。

そして2018年6月25日、介助犬「サリー」を迎えることになった。

サリーはよく訓練されたラブラドールで、指定したものをなんでも取って来ることができる。また、電話がかかってきたら受話器を持ってきてくれるそうだ。

居眠りしていても、「サリー」と名前を呼べばすぐにやってくる。

ブッシュ氏が患っていた脳血管性パーキンソン症候群は、厳密にいうとパーキンソン病ではないのだが、パーキンソン病によく似た症状が出る。ふるえが止まらなくなったり、姿勢の維持が難しくなる。進行すると自律的な運動ができなくなり、寝たきりになってしまうこともある。

サリーは車椅子生活を送るブッシュ氏に寄り添い、家族の一員として彼の生活をサポート。「サリー・H・W・ブッシュ」として公式インスタグラムアカウントも立ち上がった。

インスタグラムには、ブッシュ氏が「サリー柄」の靴下を履いている様子などが投稿されている。ブッシュ氏は、サリーとの生活を楽しんでいるように見える。

先日行われた中間選挙にもしっかり参加。サリーももちろん付き添った。

サリーがブッシュ氏と過ごした期間はおよそ5ヵ月。短い間ではあるが、人生の一部を共有した1人と1匹の間には絆が生まれていたのではないだろうか。

棺のそばに横たわるサリーの姿に、心を打たれずにはいられない。

参照元:Instagram

あなたにおすすめ