目からうろこ!スマホとペットボトルがあればランタン代わりになる!

アイテム

ライトとペットボトルで簡易ランタン!

6/18、大阪府北部を地震が襲った。

余震が続き、また大きな揺れが起こる可能性があり、安心できない状況が続いている。

こういった非常時に、役立つ情報は多い方がいい。

昨年の3月、警視庁のこちらのツイートが、まさに役立つため多くシェアされている。


懐中電灯の光を水の反射で拡散させ、ランタン代わりに使用するというものだ。確かにこれは重宝しそうだ!

しかし、今回は、懐中電灯さえ無い時にも、簡易ランタンが作れる方法を紹介する。

スマホとペットボトルで簡易ランタン!

これもネット上では、ここ最近シェアされている。スマホペットボトルを使った簡易ランタンだ!

スマホには、懐中電灯の代わりとなるフラッシュライト機能が備わっているが、ランタン代わりに使うには明るすぎるし、光の範囲が狭いのだ。

そこで、このスマホの光を和らげ、広範囲に拡散させるためにペットボトルが役に立つ!

まず、ライトをつけてスマホを置く。照らされた箇所は明るいが、暗い場所が多い。照射範囲が限られている。

スマホの上に水の入ったペットボトルを置いてみる。

すると、光が液体に反射し、広範囲に拡散した。

また、スポーツ飲料のような少し白く濁った液体のペットボトルを置いてみると、、、

よりライトっぽくなった。ちなみにこれはポカリスエットを使用。

スマホの場合、懐中電灯よりも電池の減りを気にしないといけないが、多くの人が持っているスマホと身近なペットボトルでできるというが良い!

スマホのみで簡易ライト

もしペットボトルが無く、スマホしかない場合は、簡易ランタンとはいかないまでもちょっとしたライト代わりにはなる方法も紹介しておこう。

この方法は、光が弱いので、使用方法は限られるが、気軽さはピカイチ。
何でもいいので「白い画像を保存」し、それを画像ファイルから呼び出す。

画面をダブルタップすると、白い画像が全画面表示される。

光は弱いが、スマホのフラッシュライト機能よりは、眩しすぎず、光が広がる。ペットボトルがない時は、これだけでも役に立つ。

今回は、簡易ランタンを紹介したが、大阪府北部の地震で予断を許さない状況の中、災害時の役立ち情報は、皆で共有し助け合えればと思う。

撮影:edamame.編集部
参照元:Twitter

   
あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

福井よしお

1977年生まれ。魚をキレイに食べます。趣味は育毛。ばかばかしいニュースから、為になるニュースまで、基本軽いタッチでお届け致します。

この人が書いた記事記事一覧