長崎の「潜伏キリシタン」が世界遺産に認定、その審議の様子が世界中からの優しさであふれていると話題に!

カルチャー

「潜伏キリシタンの文化」が世界遺産に登録決定

6月24日よりバーレーンで開催されている第42回世界遺産委員会。今回、日本の推薦物件のうち、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録が決定した。

登録決定のニュースを受け、長崎市観光推進課は喜びのツイートを発信。さらに会議での審議の様子を語った。

最後の微笑ましいツイートには大量のリツイートがつき、「世界一平和な会議」「優しい世界」とのポジティブなコメントが寄せられていた。

「潜伏キリシタン」の遺産としての価値

九州の西の方、長崎と熊本・天草地方に存在する今回の遺産。迫害されたキリシタンたちがひっそりと、キリスト教への信仰体勢を築いていった、神聖な地域である。

大野教会堂。大野地区の信徒のためにマルク・マリー・ド・ロ神父が建てた小さな教会。

日本で初めてキリスト教が布教されたのは戦国時代のこと。イエズス会のフランシスコ・ザビエルが、日本に訪れた最初の宣教師であると言われている。

しかし江戸時代になると、信仰が幕府による支配の妨げになると危惧し、江戸幕府が禁教令を発令。すべての教会は破壊され、宣教師は国外へ追放された。

鎖国が確立され、キリシタンの摘発が厳しくなってもなお、「潜伏」しながら信仰を続けた長崎と天草地方のキリシタンたち。世を忍びながら、独自の方法で信仰を実践する方法を模索していった。

潜伏キリシタンが偽装棄教のために祀った三界万霊碑と石仏。

舟森集落跡。急斜面が海に迫る険しい地形であったが、一目につかず、信仰を守り通すには絶好の場所であった。

西洋の教会のように豪華で手のかかったものではなく、素朴で目立たない宗教遺跡。しかし、今回の世界遺産委員会では、その遺産としての価値が世界中から認められたのである。

見学にはマナーの遵守が必要

長崎市観光推進課は、喜びのツイートとともに以下のような注意喚起も行っている。

独特の宗教的伝統を感じる事ができる「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。今年の夏、注目の観光スポットとなりそうだ。

参照元:長崎県世界遺産登録推進課Twitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

yamada

専門知識があるように見せかけて実はそうでもない博士課程中退者。 好きなものはカフェイン、アルコール、カプサイシン。

この人が書いた記事記事一覧