エジソンが愛した光をもう一度…デザインLED電球Siphonの暖かみ

アイテム

フィラメントの暖かみをもう一度

白熱電球の暖色に安らぎを感じる…そのような経験をしたことはないだろうか。

blur-1846617_640

白熱電球の仕組みは、フィラメントという炭素の芯に電気を流すことで発光するというものだ。白熱電球を生み出した大発明家エジソンは、フィラメントの材料を悩みに悩んだ末、京都の竹が最適だと考えた。そのフィラメントの輝きには、エジソンも感動したはず。エジソンお墨付きの光、それが白熱電球の暖色だ。

近年、白熱電球はLED電球に取って代わられ、表舞台からは姿を消している。だがLED電球の、真っ白の蛍光部や味のない光はおしゃれとは言いがたい。

bulbs-1076448_640

LED電球はなんか味がないなぁ、白熱電球の暖色にもう一度癒されたいなぁ、と考える人も少なくはないだろう。

そんな方々に朗報だ。白熱電球の暖色を思い起こさせてくれる、デザインLED電球を発見した。

フィラメントの暖かみを放つ、デザインLED電球Siphon

その名は、デザインLED電球Siphon(サイフォン)。この電球は古き良き、暖かい光を放ってくれる。

p5 (1)

これまでにも暖色系の光を放つLED電球はあった。だが、フィラメントがないため、白熱電球のような味わい深い電球とは、ほど遠かった。

一方Siphonは、透明のガラス球の中に、フィラメントを再現した特殊なLEDの発光部が入っている。暖色の明かりを味わいつつ、LEDのコスト・寿命を享受できる。まさにいいトコどりの代物だ。

DSC03864

Siphonは多くの人に親しまれているようだ。かつてクラウドファンディングで資金を募っていたが、なんと1500万円も集めることに成功した。2015年の発売開始からもすぐに、Siphonは人気商品になった。

FireShot Capture 054 (1)

現在5種類の電球が発売されているため、大きさ・使用目的に応じて買い分けることができる。

p1

今までのLED電球とは異なり、とてもおしゃれなつくりになっているため、インテリアにこだわりを持つ人によく買われているようだ。

大きめサイズのSiphon、Grande

そして現在、通常のサイズの電球だけでなく、大きめのSiphon Grande(サイフォングランデ)が開発されている。クラウドファンディングで資金を募っており、すでに100万円以上が集まっている。

FireShot Capture 052 -e

Siphon Grandeは3種類の開発が行われており、それぞれが大きめのサイズになっている。

われわれは今回特別に、Siphon Grandeの試作品をお借りすることができた。

なお、今回お借りしたものは試作品なので、LEDの本数や口金の色など、実際の製品とは少し異なる箇所があるが、イメージ用として参考にしていただければ幸いだ。

Teardrop(ティアドロップ)

DSC03838

DSC03849

名前の通り、涙の形のデザイン。

電球と聞くとイメージするベーシックで人気の形。

Ball200(ボール200)

DSC03872

DSC03875

丸いボール型のデザイン。

大きく、きれいな円形で、どこか落ち着く形。

Fisherman(フィッシャーマン)

DSC03835

DSC03826

「漁師」という名前を冠したデザイン。

カフェやレストランでも見栄えする、個性的なデザイン。

このようにSiphonはデザインLED電球の名の通り、LEDとは思わせない、味わい深い電球であった。実物は、想像よりも大きく感じたがその分、一つあるだけでいつもとは違う空間を創り出せるだろう。

フィラメントの癒しを与える、Siphon

Siphonは昔懐かしい白熱電球を模しており、フィラメントの癒しを感じられる電球であった。

detail_2354_1481685022 (1)

おしゃれなカフェやレストランの照明にもぴったりだろう。もう一度フィラメントの暖かみを感じたい方は、Siphonに癒されてはどうだろうか。

参照元:デザインLED電球SiphonMakuake

   
あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

Haru

抽象性大好き男。できないことにしか挑戦しない、当たって砕けるタイプ。詰めが甘く成功を取りこぼすこと多々あり。自己紹介の始まりは基本「男なのに嵐好き」

この人が書いた記事記事一覧