【ジブリ】風の谷のナウシカの”あの飛行機”が空を舞う!15年以上のプロジェクトが着実に進行中!

テクノロジー

東京芸術大学准教授のアーティストが作る!

スタジオジブリの人気映画「風の谷のナウシカ」。ナウシカの一人乗りの飛行機「メーヴェ」は、多くの人が知っているだろう。もしかしたら近い将来、メーヴェに乗れるようになるかもしれない…

なんと、東京芸術大学准教授のあるアーティストがメーヴェを作ろうとしているのである!

完コピ具合がスゴイ…

うだうだと述べる前にまずは見ていただこう。こちらがメーヴェだ!

すげーーー!!!まじでメーヴェだ!影が本物のそれにしか見えない…

この驚きのプロジェクトは、メディアアーティスト東京芸術大学准教授の八谷和彦氏によって行われている。

彼の機体は「M-02J」という名前で、映画のメーヴェのようにジェットエンジンで動く。まさに完コピだ!

このプロジェクト「OpenSky」は2003年から行われている。もちろん常に順風満帆というわけではなく、失敗と挑戦の連続の中で試行錯誤を繰り返し、プロジェクトは進められた。そしてプロジェクト開始から10年の2013年、ついに試験飛行が行われたのである。諦めないということがやはり大切なんだろうなぁ。

これまでも複数回の試験飛行が行われてきたが、北海道だったため多くの人が目にすることはできなかった。だがこの夏、そんなメーヴェを我々も目にするチャンスが生まれた。

ついに関東での試験飛行が予定されており、そのための資金がクラウドファンディングで募られているのである!

募金をするとこのプロジェクトに関する様々なリターンが得られる。その中にはなんと実際に搭乗できる権利が!?、、、と考えたが、残念ながらさすがにそれはできない模様。しかし、シミュレーション搭乗はできるようで、非常に気になる…気になった方がいれば是非チェックしてみてほしい!

八谷氏によると、このような機体を作ることのみを目的としており、量産化などは目指していないらしく、我々が手にできる機会があるかは分からない。だが、メーヴェが現実のものとなるかも…と考えると、それだけでとてもわくわくするぞ!このプロジェクトは是非とも応援したいものだな!

参照元:MOTION GALLERYYouTube、Facebook[1][2]

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

Haru

抽象性大好き男。できないことにしか挑戦しない、当たって砕けるタイプ。詰めが甘く成功を取りこぼすこと多々あり。自己紹介の始まりは基本「男なのに嵐好き」

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!