【1着1万円】Wikipediaが資金集めのためにオリジナルシャツを発売

アイテム

これを着れば尊敬されるかも?

今やインターネットを触るなら知らない者はいないだろうWikipedia。多くの人がお世話になっているだろうこのサイトであるが、近年運営資金不足にあえいでおり、利用者に寄付を募っている状況にある。

そのため先日、Wikipediaはアメリカ・ロサンゼルスのアパレルブランド「Advisory Board Crystal」とコラボし、公式のオリジナルTシャツを発売

こちらがそのTシャツのデザインだ。

胸部には、アパレルブランドの「ABC」というロゴと、Wikipediaのロゴがあしらわれている。

ここまでは普通だが、右の袖には一風変わったラベルが。

よーくみると、名前、メールアドレス、インスタグラムのアカウントなどを記載する場所が。

小学校のころ使っていた防災頭巾に、こんな名札がついていたな・・・と筆者はふと思い出してしまった。

この時点で絶妙なダサさが伝わってくるものだが、驚くべきは裏のデザインである。

イ ン タ ー ネ ッ ト マ ス タ ー

真ん中には、Wikipediaのサイト左上に表示されている、お馴染みの地球儀がプリントされている。

しかし周りには、どこから拾ってきたのコレ!と言いたくなるヘタウマなフォントで、どこか恥ずかしくなってくるメッセージがでかでかと書かれているではないか。これがすべてを台無しにしている気がしてならない。

インターネット黎明期である2000年代を彷彿とさせるダサさだが、これを着て道を歩けば100人が100人振り返ることだろう。

ちなみにこちらのシャツの価格は、約9,467円(85ドル)とかなりお高め。

しかし、高価ながらもその絶妙なダサさから話題になり、発売から数日も経たないうちに完売。売り上げはすべて運営資金に回される予定だという。

10年前のインターネットがオタクのものだった時代を生きた筆者としては、正直に言って超絶欲しい。再販の予定もあるというので、欲しいという方は下のリンクから通販サイトをチェックだ!

 

参照元:Advisory Board Crystal

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

可愛い動物だけでなく、オフビートでシニカルな笑いをお届けできればと思います!

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!