【インスタ映え】2種類の洗剤を混ぜる「カラフル洗剤」が流行中→混ぜる洗剤によっては毒ガス発生の危険も

トレンド

除菌がちょっとできるジョイ

若い女性を中心に、「日常生活とインスタグラムが切っても切れない」という人が増えている。

この何者にも「フォトジェニックさ」を要求する時流を受け、大手家庭用品メーカー・P&Gが打ち出したキャンペーンが、SNSで話題となっている。

P&Gの看板商品の一つである食器用洗剤「ジョイ」には、「普通のジョイ」と「除菌ができるジョイ」があり、それぞれ比重が違うため、ボトルにうまく注ぐと混ざらず、キレイに上下に分離する。その名も「カラフルジョイ」。

まさにインスタジェニックといった様相で、インスタグラマーならばやってみたくなるような魅力があると思う。しかし「比重が違う洗剤なら、ジョイ以外でもできそう」と思うのは危険である。

混ぜる洗剤の組み合わせによっては、有毒な「塩素ガス」が発生する恐れもある。締め切った部屋で洗剤を混合して使用し、倒れてしまうといったニュースを、多くの人が耳にしたことがあると思う。

混ぜてはいけない洗剤の組み合わせは「塩素系洗剤」と「酸性洗剤」で、これらの洗剤には原則として「まぜるな危険」の文字をパッケージに記載することが義務付けられているが、ネット通販で購入した海外製のものなどはその限りではない。カラフル洗剤を楽しむ際には、洗剤の液性について十分に注意を払う必要がある。

ちなみに、ジョイの液性は「弱アルカリ性」で、塩素を発生させるような成分も入っていない。これは「普通のジョイ」も「除菌ができるジョイ」も同じなので、混ぜても問題にはならないということである。

ネット上では、カラフルジョイについて「除菌ができるタイプと普通のものを混ぜる意味は?」「混ざったら『除菌がちょっとできるジョイ』になるの?」といった手厳しい意見も見られる。しかし実際に家事をする主婦からは、「(カワイイ洗剤のおかげで)洗い物が苦痛でなくなった」との好意的な意見があった。

見た目を重視することで犠牲になるものもあるのだろうが、それでも「カワイイ」が拡散される世の中なのである。

参照元:マイレピYoutube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

yamada

専門知識があるように見せかけて実はそうでもない博士課程中退者。 好きなものはカフェイン、アルコール、カプサイシン。

この人が書いた記事記事一覧