【体臭問題】ストレスによって皮膚から臭いガスが出ることが判明する

健康

緊張すると体臭がキツくなる

なかなか実感はしにくいが、私たちの体の皮膚表面からは気体が放出されている。これを皮膚ガスという。

皮膚ガスに含まれる成分は年齢や体調に依存し、食べたモノに由来することもある。これが体臭の原因になると言われている。

大手化粧品メーカー・資生堂は、長年皮膚ガスについての研究を行ってきた。そして先日、「人はストレス状態にあると、特有のニオイを発する」ことを明らかにした。

緊張している人の皮膚ガスには「硫黄系化合物」が含まれている傾向があるとのことである。ちなみに加齢臭の原因は「ノネオール」という化学物質であるが、こっちは年齢が高い人の皮膚ガスに含まれている傾向がある。

緊張とか年齢とか、もう対策無理じゃん。詰みじゃん。という感じであるが、資生堂は頑張っている。今回の「緊張による体臭」に対抗して、ニオイを包み込んで目立たなくする独自の消臭技術を開発した。原因の化学物質が特定できれば、それに対処するための研究も進むということである。

多分そのうち、「緊張による体臭予防に○○」みたいな文句のCMを見かけるようになるのでは。

参照元:PR TIMES

あなたにおすすめ