【危険】尻部分の整形手術を行ったイギリスの女性が亡くなる・・・今年で2人目

健康

ブラジリアン豊尻手術を受ける女性たち

今海外では、お尻を大きくするための豊尻手術を受ける人々が急増している。その背景には、キム・カーダシアンやビヨンセといった、魅力的なお尻を持つセレブがもてはやされている現実がある。

中でも有名な手術法は「ブラジリアン・バット・リフト(ブラジル式ヒップアップ)」と呼ばれている、脂肪やヒアルロン酸を注入したり、ジェル状のシリコンを挿入するもの。

海外モデルの間ではポピュラーな手術だが、庶民にはとても手が届かない金額。しかし、こうした手術をより安価に受けようと、トルコやブラジル、タイといった国の安全性が低い美容整形クリニックに足を運ぶことがあるという。

そして先日、ブラジル式豊尻手術を受けたイギリス人女性が亡くなるという事件が起こった。なんと、今年に入って2人目である。


▲1人目の犠牲者であるリー・ケンブリッジさん

BBCのテレビ番組”ビクトリア・ダービシャー”の調べによると、豊尻手術を受け亡くなった女性は、世界各地で3000人にものぼるという。

その中で、イギリスでは2名の女性が亡くなっている。

1人目のリー・ケンブリッジさん(29)は2児の母だった。今年の8月、トルコで43万円(3000ポンド)手術を受けたが、手術中に容体が悪化し死亡。死因は明言されていないが、何かしらの合併症を引き起こした可能性があるという。

更に数か月もたたないうちに、2人目の犠牲者である20代後半の女性が死亡した。担当医は逮捕され、2019年までに死亡原因について調査が行われるという。

これについて、美容整形を専門とするジェラルド・ランブ医師は「尻の部分に大量の脂肪を注入すると、静脈を伝って心臓や脳にダメージを与える可能性があるため、非常に危険です。」と語っている。

危険なのは手術中だけではない。イギリスでは、尻の手術が原因の健康被害を訴える人が急増しているのだという。

その一人であるトルコで脂肪を注入した23歳の女性は、BBCの取材に対し「皮膚に穴が開いて脂肪が漏れ出している」と話す。歩くこともままならず、漏れ出した液体の悪臭に毎日苦しんでいるという。

他にも、シリコンバッグを入れた女性は常に痛みを伴い、座ることも出来なくなっていると語っている。

こうした現状がありながらも、現在もヒップアップ手術を受けようとする人は後を絶たない。流行を追いかけるよりも、健康を優先するようにしていただきたいものだ。

 

参照元:BBC.com、Youtube [1][2]

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

氷をぼりぼりたべるのがだ~いすきな異食症のキタキツネです。ツイッターでは日本一下品かつ雑にニュースをアップしています。写真はTinderで出会った蔵王きつね村に在住の子です。

この人が書いた記事記事一覧