スタン・リーさんの死亡報道の際、名前を盛大にミスって別人にしてしまったメディアが話題に

トレンド

似てるけど全然違う

コミック原作者・スタン・リーさんが、12日、肺炎によりこの世を去った。

「スパイダーマン」や「Xメン」などの人気スーパーヒーロー達を生み出した天才の訃報を、世界中のあらゆるメディアが報道。

ニュージーランドの老舗メディア・ギズボーンヘラルドも、13日の新聞にリーさんの訃報記事を掲載した。しかし、紙面に書かれた見出しはこれだった。

スパイク・リー、95歳で死去

映画好きの人はご存知だろうが、スパイク・リーはアメリカ出身の著名な映画監督。代表作はデンゼル・ワシントン主演の「マルコムX」など。現在61歳で存命である。

左がスタン・リーで、右がスパイク・リー

どちらもアメリカ在住のクリエイターで、名前が似ているので間違えてしまったのだろうか?

しかしスパイク・リーからすれば寝耳に水のようなこの訃報記事。スパイク本人はこんなコメントを投稿している。

スタン・リーに神のご加護を。あ、いや、僕はまだなんで。「僕はまだ生きている」本当に。わかった?はい。

直訳したので変な感じだが、このセリフはスパイクが監督した映画「ドゥ・ザ・ライト・シング」の中に出てくるものなのだそうだ。ユーモアで返すところが、さすがである。

参照元:TwitterFacebook

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

yamada

名乗るほどの者ではございません。ほとんど惰性で生きてます。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!