【不正行為】次々とショートカットするマラソンランナーが激写された動画が話題に!

事件

レースというのはいかに速く走るかが重要だ。スピードは速ければ速いほど良い。

しかし、どんなに速くても走る距離に無駄が多ければ意味がない。コーナーではできるだけインコースを攻めるなど、距離を出来るだけ短くすることも重要なのだ。

にしてもやり過ぎだ!!!

無駄がない走路を求めた結果、いくらなんでもやり過ぎだろ!という映像がYoutube上で話題になっている。それがこちらだ!

自らの意思で参加してるのに・・・なぜ?

この映像は11月25日に中国の広東省深圳市(かんとんしょうしんせんし)で行われたハーフマラソンの様子だ。

このハーフマラソンでは46人ものランナーが不正ショートカットを行なったという。

そのほかにも、替え玉やゼッケン偽造などの不正行為も発覚したとのことで、大会組織委員会は「違反行為は確かに存在する。違反者の数があまりに多いため統計に時間がかかっているが、調査結果が出たら決して大目に見ることはしない」と語っているとのことである。

本来のコースは1km先に折り返しポイントがあったという。つまり近道をした人たちが走った距離は、ハーフマラソンの21kmよりも2〜3km少なかった計算になる。

たった2〜3kmをラクしようとしたため失格になるランナー。自らの意思で参加を決めているはずなのに、、、全く理解不能である。

ショートカットのやり過ぎには御用心を。

参照元:Youtube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

林ツイタチ

できること:文章書く、変な曲作る、ウクレレ弾く、FUJIFILMのX-T2で写真撮る、佐野元春氏のモノマネ。画像は口からエネルギー砲を放っている僕です。圧倒的執筆センスで楽しかったことをアウトプットする超ヘンテコブログはこちら → https://uzukumaru.net/

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!