「道を尋ねるのが恥ずかしくて・・・」シャイすぎるマレーシアボーイ、10日間も異国をさまよい死にしかける!

おもしろ

シャイすぎて10日間もロス!

外国で道がわからず、「すみません・・・」と声をかけたり、かけられたりすることはよくあること。しかし、恥ずかしい…と萎縮してしまう人は少なからずいるだろう。

今回、そんな18歳の男性が、シャイすぎて10日間もシンガポールをさまよい続けてしまったという。

しかも少年は、言葉が通じないわけではないマレーシア人。今回は、そんな恥ずかしがり屋さんの事件をお届けしよう。

12月26日、マレーシア出身のチョウ・ディミン(18)は、シンガポールへ行ったきり、10日間行方不明になってしまったという。

彼は失踪当日、新しい仕事を探しにシンガポールへ渡り、友人と会っていた。

その後、昼飯代として約4000円(50シンガポールドル)を借りた後、近隣のカフェで食事をとったそう。

しかし友人によると、いつまでたっても帰ってこず、カフェにいっても彼の姿はなかったという。そう、チョウはその後、完全に道に迷っていたのである。

しかし、携帯やパスポート、財布はすべて友人の家に置きっぱなしだった上、人に道を聞けばいいものの恥ずかしくて聞けなかった。

そのため事態は深刻化し、やがて警察沙汰に。ポスターが作られ、ネット上では多くの人に拡散される事態となった。一方その頃チョウは、お腹が減ったらエコノミーライス(ご飯とお惣菜のセット)という安いご飯を食べて飢えをしのいでいた。

だが8日目に資金が尽きてしまい、なんと道端で物乞いをスタート。道を聞くのが恥ずかしいのに物乞いはできるんかい!

また、寝るときはその辺のアパートの下、トイレはショッピングモールやカフェのものを借りていたという。

そんな中、体の汚れと飢えに苦しみ始めた10日目、地元住民の女性がチョウであることに気付き、警察に通報。

彼は無事保護され、マレーシアへ帰っていったという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

情けなさすぎる話だが、生まれてこの方受け身だと、こういう事にまでなりかねないという事だろう。

いろいろ突っ込みどころの多すぎる事件であった・・・。

 

参照元:FacebookMothersip

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

可愛い動物だけでなく、オフビートでシニカルな笑いをお届けできればと思います!

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!