【正当か?】カナダの漁師がアシカの群れに爆竹を投げ込む動画をアップし議論勃発!!

動物

追い払うため?アシカの群れに爆竹を投げ込む漁師

カナダ・ブリティッシュコロンビア州のホーンビー島は、定置網漁が盛ん。しかし、野生のアシカが魚を食い荒らすため、漁師たちは収穫量が減り悩んでいるという。

こうしたアシカの群れを追い払おうとした漁師の映像が、フェイスブックで議論を湧き起こしている。

問題となった映像がこちらだ。

この動画は、地元の漁師・アラン・マーデン氏がフェイスブックに投稿したもの。海で泳いでいる無数のアシカたちに向かい、クマ用の爆竹に火をつけて投げ込むというものだった。

時間差で大きな音を立てて破裂する爆竹に、一斉に逃げ出すアシカたち。この映像には、「酷すぎる」「アシカが死んでしまう」といった批判する声が大きく上がっていた。

これを受け、マーデン氏は批判に対し反論。

カナダの放送局”CBC”のニュース内にて、爆竹を使ったのはアシカを傷つけるためでなく、追い払うためだったと語った。

「私たちはアシカを殺そうとしていたわけではありません。
彼らが仕掛けの近くにいたから、ひっかかって危ない目に合わせないようにしたのです。それで、お互いの問題と利益のためにも、爆竹で追い払う方法を考えたのです。
過去にアシカに噛み付かれ、引きずり落とされ溺れたことがありましたが、幸いにも車椅子に乗らなくて済んでいます。」

マーデン氏によると、過去に船に乗り込んだアシカに怪我をさせられたことから、この爆竹による手段は乗員の安全のために行なっているそう。

このインタビューを受け、オンライン上には「いかなる理由であれ、意図的に彼らを傷つけようとするのは許さない。」といった批判と、「我々も魚を食べて生きている。漁師の安全は最も優先されるべき」といった擁護の意見があがっていた。

政府と専門家の反応は「NG」

そんな中、カナダの海洋水産庁はマーデン氏を法的に処罰する姿勢を見せた。

声明では、「海に生息する野生の哺乳類に危害を与えたり、殺したりすることは、連邦規制法に違反している。」と明かし、「罰金を科す可能性がある」とも述べている。

さらに、ブリティッシュコロンビア大学の海洋生物学者、アンドリュー・トリット氏も、マーデン氏の行いを批判している。

「動物の頭のすぐ横に爆竹を投げれば、破裂の衝撃で耳を怪我するでしょうし、目の前に落ちれば、目も怪我していたことでしょう。
彼らが『アシカを傷つけようとしていたわけではなかった』と主張してたのは知っています。なら、実際に彼らに火をつけた爆竹を持たせ、手の中でそのまま爆発させる動画を撮ってもらいたいものですね。」

このように専門家が批判し、海洋水産庁が罰則を与えると明かした後でも、今なお議論はやんでいない。みなさんはどうお考えだろうか。

 

参照元:CBC.caYoutube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

可愛い動物だけでなく、オフビートでシニカルな笑いをお届けできればと思います!

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!