【目に染みる】ブルガリアの警察がデモ隊に催涙スプレーを噴射!→向かい風で自爆!!!!

おもしろ

向かい風が警官を襲う!!!

3月中旬、東欧ブルガリアの首都ソフィアでデモ隊との衝突が起き、警察が鎮圧する出来事が起こった。

国民議会に集結したのは、民主主義化を求める抗議集団。そこで警官隊が使ったのは唐辛子スプレー。これでデモ隊の勢いはおさまるかと思いきや・・・予想外の出来事が起こってしまった。

なんと、向かい風がおき警官隊の顔にスプレーの粉末が!!!

一斉に目元を抑え、ペットボトルの水で目を洗いだすおまわりさん達。デモ隊そっちのけで大ダメージを受けているではないか。

現地人がこのニュース映像をTwitterに投稿したところ、世界で拡散され3万リツイートを記録。投稿者によると、ブルガリアはとても平和な国で、こうした衝突はきわめてまれとのこと。普段から唐辛子スプレーを使いなれていないことが伺える。

この映像を見た人からは、「次からデモするときはサーキュレータ持ってこよう!」「アニメかよ」といった爆笑コメントが寄せられていた。

鮮やかなまでの自爆で、警察とは思えないグダグダさをテレビに・・・。もはや放送事故である。

 

参照元:NTDVTwitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

可愛い動物だけでなく、オフビートでシニカルな笑いをお届けできればと思います!

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!