【朗報】コロナ重症化の妊婦が昏睡状態の間に元気な赤ちゃんを出産!→ママの症状も回復

健康

     

新型コロナウイルスの感染拡大で、日本でも院内感染や出産後すぐの母親や新生児に陽性反応が出るなど不安なニュースが日々流れている。しかし、感染死者数が最も多いとされるアメリカからこんな嬉しいニュースが届いたのでご紹介しよう。

医療従事者たちが拍手で迎えたのは…

それは、新型コロナウイルスに感染し重症化した妊婦が無事元気な赤ちゃんを出産したというものだ。

出産に携わった多くの医療従事者たちの拍手に迎えられ、笑顔でICUを出るその姿に勇気をもらえたと、今この動画が世界中で拡散されている。

昏睡状態のなか無事元気な赤ちゃんを出産

米ワシントン州在住のアンジェラさん(27)が新型コロナウイルス陽性だと判明したのは3月26日、彼女が妊娠33週の頃だった。陽性反応が出て8日後にはアンジェラさんの容態は重症化し、人工呼吸器をつけ治療のために一時的な昏睡状態に陥るほどになっていたという。

母体と赤ちゃんの様子を見守っていた医師だが、このままでは赤ちゃんの命が危ないと判断し分娩を誘発させた。アンジェラさんは昏睡状態の中で出産したのである。

彼女は当時の心境をこう語っている。

自分がどこにいるのかわからず困惑していました。目覚めたらお腹の膨らみはなくなり赤ちゃんはどこに行ったのかもわからなかったのです。まだ隔離状態が続いていた私は赤ちゃんにも夫にも会えませんでした。

4月6日、人工呼吸器が外され、その週末には退院したアンジェラさん。しかし、予定より早く生まれた赤ちゃん”アヴァちゃん”はもうしばらく病院に入院するという。アヴァちゃんの新型コロナウイルス検査結果は陰性ではあったものの、大事をとってアンジェラさんとはまだ会うことは許可されていない。

悲しいニュースが後を絶たない中、新型コロナウイルスで重症化した母親から無事に元気な赤ちゃんが生まれたこと、そして重症化から回復したアンジェラさんの姿は多くの人に勇気と希望を与えたことだろう。

参照元:InstagramFox News

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧